English Grammar Should | 6 uses of Should

この記事では、当サイトのYouTube動画「English Grammar Should | 6 uses of Should(英文法 Should | 6つの使い方)」の日本語訳を公開します。

YouTube動画

英文法 Should | 6つの使い方

Hello everyone! My name is Lacey and I am your English teacher for today. Welcome to the Eigo Love Youtube Channel!
こんにちは。私は今日の担当する英語教師のレイシーです。Eigo Love YouTubeチャンネルへようこそう。

Today, I am going to explain the should grammar. Would, should, and could grammar is something that many ESL speakers struggle with.
今日はshouldの英文法を説明します。WouldとShouldとCouldの文法が、英語を母語としない人たちがよく間違える文法です。

Today, we will be focusing on should, but I will be breaking down the other two in future videos.
今日は、shouldに焦点を当てます。近日中にリリースするビデオで、WouldとCouldも説明する予定です。

“Should” can be used in a many different ways.
Shouldはいろいろな用法で使用できます。

to express obligation/give advice

[Playback Position:52sec]

First, it can be used to express obligation, or something that is responsibility.
最初に、それは義務、または責任がある何かを表現するために使用できます。

Second, it can be used to give advice, or to suggest a course of action that someone should follow.
次に、アドバイスをしたり、誰かが従うべき一連の行動を提案するために使用できます。

These two go hand in hand, so don’t worry too much about separating them.
この2つの用法は密接に関連しているので、これらを分ける事に心配しなくても良いです。

Here are some examples:
ここではいくつかの例を示します。

[Playback Position:1min 24sec]

[No.1]
He should study harder.
彼はもっと勉強すべきです

[No.2]
You should go to sleep earlier.
あなたは早く寝るべきです

[No.3]
She should break up with him.
彼女は、彼と別れるべきです

While the definitions I said earlier sound harsh, this is not always the case.
先ほど説明した定義では厳しい表現に思われますが、これはいつもそうではありません。

used in casual conversation

[Playback Position:1min 57sec]

This grammar can be used in casual conversation. I use it many many times in my daily life.
この文法は、カジュアルな会話で使用できます。私は日常生活でも何度も使っています。

For example:
例えば

[No.4]
You should go watch Aladdin! It’s amazing!
アラジンを見に行くべきよ!素敵だ!

[No.5]
You should try sushi! It tastes delicious.
寿司を食べるべきよ! おいしいよ

[No.6]
You should listen to Selena Gomez’s new song.
Selena Gomezの新しい歌を聞くべきだよ!

So like in these three examples, you can use it for food, movies, or music, to give recommendations to your friends.
これら3つの例のように、食べ物や映画や音楽などをお友達に薦めるときに使えます。

I’ve actually used all three of these sentences recently, which is why I chose them.
実はこの英文、私が最近使った表現で、今回例文に選びました。

negative form

[Playback Position:2min 52sec]

The negative form can also be used. Should not, or shouldn’t.
否定形も使えます。否定形はshould notかshouldn’tです。

Shouldn’t is more commonly used because it is easier to say for native speakers. Anyway it’s faster.
短縮系のshouldn’tの方が言いやすいので、もっと一般に使われています。ともかく、それは早い(から言いやすい)。

Shouldn’t is used to give advice against something.
Shouldn’t は何かに対してアドバイスを与えるために使用されます。

[No.7]
You shouldn’t party so much.
そんなにパーティーをするべきではありません

[No.8]
You shouldn’t buy a new TV.
新しいテレビを買うべきではありません

shouldn’t have/has + past participle

[Playback Position:3min 39sec]

It is also used to mention something that was a bad decision or maybe a little regretful.
悪い意志決定であったこと、または、少し後悔していることを言及するためにも使用できます。

[No.9]
You shouldn’t have yelled at her.
あなたは彼女に怒鳴るべきではなかった

[No.10]
You shouldn’t have quit your job.
あなたは仕事を辞めるべきではなかった

Because have and the past tense(participle) form follows shouldn’t, this action was already completed.
「shouldn’t」の後に、Have+過去分詞が続くので、このアクションは既に完了しています。

[Example]
You shouldn’t have yelled.
あなたは怒鳴るべきではなかった

should have/has + past participle

[Playback Position:4min 20sec]

Similarly, this also is the same for the non-negative version.
同様に、これは否定形ではない形でも同じように使えます。

[No.11]
You should have called me.
あなたは私に電話すべきだった

[No.12]
You should have cooked dinner.
あなたは夕食を作るべきだった

[No.13]
You should have cleaned.
あなたは掃除すべきだった

should’ve + past participle

[Playback Position:4min 45sec]

“Should have” also has a shortened version: Should’ve. Combines should have, Should’ve.
「Should have」には短縮系もあります。Should’veです。shouldとhaveを組み合わせてShould’veです。

[No.14]
You should’ve called me.
あなたは私に電話すべきではなかった

[No.15]
You should’ve cooked dinner.
あなたは夕食を作るべきではなかった

[No.16]
You should’ve cleaned.
あなたは掃除すべきではなかった

Should’ve is a bit more natural for native speakers because it’s easier and it’s a little faster.
Should’veは楽で早いので、英語ネイティブスピーカーにとって自然な表現です。

Thank you for watching

[Playback Position:5min 21sec]

That is all for today! I hope this clears up some of your confusion with should.
今日のレッスンはこれで終了です。この動画で皆さんの「should」に対する戸惑いが解消できれば嬉しいです。

If you liked this video, please give it a thumbs up and subscribe to the Eigo Love Youtube channel for more!
この動画を気に入ってくれたら、いいねしてくださいね。もっと他にも動画はあるからチャンネル登録も忘れないでください。

Also, check out my would and could videos!
それと、私が担当する「would」と「could」のビデオも見てくださいね(※「would」と「could」のビデオは今後リリース予定です)。

If you have any questions or comments, leave them in the comment box down below!
何か質問やコメントがあれば下の方に書き込んでください。

Until next time! See you!
ではまた。サヨナラ!