英語で色を説明する方法 | English Vocabulary

この記事では、当サイトのYouTube動画「Describing Colors (How to Describe Colors) | English Vocabulary」(英語で色を説明する方法)の日本語訳を公開します。

YouTube動画

YouTube動画の和訳と補足説明

ここでは動画の和訳と補足説明を公開します。
(※1)簡単な和訳は省略いたします。
(※2)補足説明は翻訳者の英文解釈による内容です。英語教師によるコメントではありません。

Hi everyone. Welcome back to our channel. My name is Stephanie and today’s video is about describing colors.
こんにちは皆さん。私たちのチャンネルへようこそ。私はステファニーです、今日のビデオは色の説明についてです。

In today’s video we’ll cover three topics.
今日の動画では3つのトピックを扱います。

First, we’ll do a basic review of color names.
まず初めに、色名の簡単な復習を行います。

Next, we’ll go over words to describe colors.
次に、色の特徴を説明するための単語を練習します。

And finally, I’ll teach you some new color names for more advanced colors.
そして最後に、より高度な色の名前を教えます。

[補足説明]newは「新しい」という意味ですが、この動画において、新しく登場する単語情報というニュアンス。

So I hope you’re excited for today’s video. Let’s get started.
皆さんがこの動画に対してワクワクしてくれていることを願います。それでは始めましょう。

[再生位置:35秒]

Okay, so first, we’ll start with basic color review. This is a good chance to practice your pronunciation.
では最初に、基本的な色の復讐を行います。これは発音を練習する良い機会です。

You can repeat each word with me. I’m sure you already know these names, so we’ll go over quickly and it will be a fast review.
皆さんは私と一緒にそれぞれの単語を繰り返してください。これらの名前は既に知っていると思いますので短時間で練習します。(ペースが)早い復習になるでしょう。

[補足説明]go overは「~を練習する」という意味。

[再生位置:50秒]

Okay, here we go.
では始めよう!

Blue
Red
Green
Yellow
Orange
Pink
Purple
Black
White
Gray

Okay, so we’re done with the basic colors. I hope you practiced your pronunciation with me.
OK、基本色の練習が終わりました。 私と一緒に発音を練習してもらえたでしょうか。

If you would like another video focusing on how to pronounce words, please let me know in the comments section below.
単語の発音方法に焦点を当てた別のビデオが必要な場合は、下のコメント欄でお知らせください。

[再生位置:1分36秒]

Okay, next let’s talk about how you can describe colors.
OK、次は色の特徴についてどのように説明できるかについて話しましょう。

When we’re describing colors, a very useful word to know is saturated. Saturated.
私たちが色の特徴を説明する際に知っておくと便利な単語はsaturatedです。

[補足説明]saturatedは形容詞で「(色が)濃ゆい、強い」という意味。

If a color is very saturated, it means it’s very powerful or intense or strong.
もし色がとてもsaturated(濃い)場合、その色はとても強力または強烈または色が強いという意味です。

Let me explain with an example. Let’s use blue. So if this is our basic blue, then we can say this blue is more saturated.
例を挙げて説明します。blue(青)を用います。これ(動画では下)が基本の青色の場合は、こっち(動画では上)はより濃ゆい青だと言えます。

You can see the color is more intense and strong. And this blue is less saturated because the color is less strong.
こっち(動画では上)の色がより濃ゆく、強く見えます。この青(動画では下)はそんなに強くないから、あまり濃くないです。

So our first vocabulary word today is saturated.
本日(このセクションで学ぶ)最初の単語はsaturatedです。

You can say this blue is very saturated. Or it’s very saturated blue.
(画面の色を指して)この青はとても濃いといえます。またはとても濃い青といえます。

And this blue is not a very saturated color.
(画面の色を指して)この青はあまり濃くないです。

So remember, if a color is very saturated, it means the color is very strong or intense.
忘れないでくださいね、もし色がとてもsaturated(濃い)場合、その色はとても強い、または、強烈という意味です。

[再生位置:2分42秒]

Another way you can describe a saturated color is saying it’s a vivid color.
濃い色を説明するのに使える他の方法は、it’s a vivid color(それは強烈な色)ということです。

[補足説明]vividは形容詞で「(色が)鮮やかな、強烈な」という意味。

Vivid.
Vivid.

So you can say this is a very saturated blue, or it’s a very vivid blue.
this is a very saturated blue(これは濃い青です) または it’s a very vivid blue(これは強烈な青です) と表現することができます。

[再生位置:2分59秒]

And a third way you can describe a very strong color is bright.
強い色を説明するのに使える3つ目の方法は、brightです。

[補足説明]brightは形容詞で「(色が)鮮やかな、強烈な」という意味。

We can say bright to mean there’s a lot of light somewhere. For example, if a room is very bright or very dark.
brightは「光であふれて明るい」という意味で使えます。例えば、部屋がとても明るい場合または暗い場合。

But you can also use it to describe colors.
ですが、(brightは)色の特徴を説明するのにも使うことができます。

And for colors, it means that it’s very strong or intense.
色を説明するときは、色がとても強い、または、強烈なという意味です。

So you can say this blue is very saturated, or very vivid, or very bright.
very saturated(とても濃い) または very vivid(とても強烈) または very bright(とても強烈)と言えます。

So those are three words that you can use to describe a very strong color.
これら3つの単語は、強い色を説明するのに利用できます。

[再生位置:3分32秒]

And a fourth way you can describe a strong color, but it’s a bit more specific is neon. Neon.
強い色を説明するのに使える4つ目の方法、でも少し具体的な表現です、それはneonです。

[補足説明]neonは形容詞で「派手な、けばけばしい」という意味。

For example, this is green. And this is neon green. This is yellow and this is neon yellow.
例えば、これは(動画では下)グリーンです。これは(動画では上)ネオングリーンです。これは(動画では下)イエローです。これは(動画では上)ネオンイエローです。

So when you’re beginning to learn how to describe colors, I recommend using vivid and bright because they’re very easy to understand.
色の特徴を説明する方法を学びはじめのころは、 vivid と brightを使うことをお薦めします、理由は、それらはとても理解しやすいからです。

The words saturated and neon are a bit more higher level.
英単語のsaturated と neonは、少しレベルが高いです。

So again, if you’re only gonna remember one or two words for describing a strong color, I recommend using vivid or bright.
だから、強い色を描写するための英単語を1つか2つだけ覚えるなら、vividかbrightがおすすめです。

But all four vocabulary words together are saturated, vivid, bright, and neon.
でも4つの単語をすべてまとめると、saturated、vivid、bright、neonです。

[再生位置:4分23秒]

So we talked about strong colors, but what about the opposite.
さて、強い色について説明しましたが、逆はどうでしょうか?

What if a color is not very strong?
色があまり強くない場合はどうなりますか?

We can say it’s faded.
fadedと言うことができます。

Faded.
Faded.
Faded.

[補足説明]fadedは形容詞で「色あせた、消えかけた」という意味。

So again, if this is our basic blue and this is a bright blue, then this is a faded blue. Faded.
だから、これが(動画では真ん中)が基本の青、そしてこれが(動画では下)強烈な青、そしてこれ(動画では上)が色あせた青です。

[再生位置:4分46秒]

Another word to describe a color that is not strong is pastel. pastel.
強くない色を説明する別の単語は、pastelです。

[補足説明]pastelは形容詞で「柔らかい色彩の、淡い色合いの」という意味。

So you can say this is regular pink or a normal pink. And this is faded pink. Or you can say a pastel pink.
これが(動画では下)regular pink(通常のピンク) または a normal pink(通常のピンク)と言えます。そしてこれが(動画では上)fadedピンクです。pastelでも言えます。

So the two new words for describing a color that is not very strong are faded and pastel.
強くない色の説明で使える2つの単語は、faded と pastelです。

[補足説明]new wordsのnewは形容詞で「(あなたにとって)なじみのない」というニュアンス。

[再生位置:5分14秒]

We can also describe colors as light and dark.
また、色の特徴をlight(明るい) と dark(暗い)で説明できます。

For example, green. This will be our basic green. This would be a light green and this would be a dark green.
例えば緑。これ(動画では真ん中)が基本のグリーンになります。これ(動画では上)がライトグリーンで、そしてこれ(動画では下)がダークグリーンです。

So you can describe a color as light and dark.
このように、色の特徴をlight(明るい) と dark(暗い)で説明できます。

And you can also say the color is light and vivid or light and faded. Or dark and vivid or dark and faded.
色がlight and vivid(明るく鮮やか)とか、light and faded(明るく色あせた)などという言うことができます。

So you can use these different vocabulary words together to really describe exactly what color you’re thinking of.
これらの違った単語を一緒に使い、あなたが考えている色を正確に説明してください。

[再生位置:5分52秒]

Let’s review these new words one more time.
(今回学んだ)これらの単語をもう一度練習してみましょう。

Saturated
Vivid
Bright
Neon
Faded
Pastel
Light
Dark

Great job.
よくできました!

[補足説明]new wordsのnewは形容詞で「(あなたにとって)なじみのない」というニュアンス。

[再生位置:6分27秒]

Now let’s move on to the third part of today’s video.
それでは、今日の動画の3番目のパートに進みましょう。

So, earlier in today’s video, We already did a review of basic color names.
今日の動画の前半で、すでに基本色の名前の復習をしました。

For example, blue, red, green, yellow, etc.

But what if you want to talk about a very specific type of red or a very specific type of blue.
けれども、非常に特定のタイプの赤や、特定のタイプの青について話したい場合どうなるでしょうか?

Now, we’ll go over some names of specific colors so that you can better describe the colors you’re thinking of.
今から、あなたが考えている色をよりよく説明するために、いくつかの特定の色を練習します。

So, of course, if you’re trying to describe a color, you can always just say, “oh, it’s very bright red, or it’s a dark pink”, but maybe these specific color names will be helpful to you.
もちろん、色を説明する場合に、あなたはいつも「それはvery bright red」とか「それはdark pink」みたいに言えますが、これらの特定の色の名前が役に立つかもしれません。

Let’s get started.
(練習を)始めましょう。

[再生位置:7分12秒]

This one is magenta.
この色はmagentaです。

Magenta.
Magenta.

[補足説明]magentaは形容詞で「赤紫色の」という意味。

As you can see, it’s kind of similar to a pink, or a purple, but if you want this exact color, the name is magenta.
見ての通り、ピンクか紫に似ています。しかし、まさしくこの色が必要な場合、この色名はmagentaです。

Next, we have teal. teal. teal. As you can see, teal is similar to a green or a blue.
次はtealです。見ての通り、tealは緑か青に似ています。

[補足説明]tealは名詞で「緑がかった青色」という意味。

Next we have turquoise.
次に、ターコイズがあります。

Turquoise.
Turquoise.

And again, turquoise is similar to a green or a blue.
そして繰り返しになりますが、ターコイズは緑か青に似ています。

But it’s a bit more bright and lighter than teal was.
しかしtealより、少し明るい感じがします。

Next, we have navy.
次はネイビーです。

Navy.
Navy.

So navy is a very specific shade of blue.
ネイビーは独特な色調の青です。

[再生位置:8分11秒]

Next, we have beige.
次はベージュです。

Beige.
Beige.

You can see, beige is similar to white, but it has a bit more yellow or orange tones in it.
ベージュは白に似ていることが分かりますが、黄色またはオレンジ色のトーンが少し入っています。

It’s a bit warmer than a regular white. For contrast, here is white and here is beige.
普通の白より少し暖かい色です。対照的に、こちらは(動画では下)白で、こちらは(動画では上)ベージュです。

Next, we have hot pink.
次は、ホットピンクです。

Hot pink.
Hot pink.

So hot pink is a very bright, almost neon kind of pink.
ホットピンクはとても明るいピンクです。ほぼネオン調のピンクです。

Next, we have coral.
次はcoralです。

[補足説明]coralは名詞で「サンゴ色」という意味。

Coral.
Coral.

You can see, coral is similar to red or orange.
coralは赤やオレンジに似ています。

Next is maroon.
次はmaroonです。

[補足説明]maroonは形容詞で「えび茶色の、くり色の」という意味。

Maroon.
Maroon.

You can see maroon is similar to maybe a red brown and purple mix.
maroonは赤茶色と紫を混ぜたような色に似ています。

And very similar to maroon is burgundy.
そして、maroonに似ているburgundyです。

[補足説明]burgundyは形容詞で「ワインレッドの、赤紫色の」という意味。

Burgundy.
Burgundy.

[再生位置:9分25秒]

So that’s it for today’s video. Thank you for watching. I hope you learned something new.
今日の動画はこれで終わりです。見てくれてありがとうございます。皆さんが新しい何かを学べたことを願います。

Being able to describe colors accurately can be very helpful in many situations.
色を正確に説明できれば、多くの状況で非常に役立ちます。

For example, if you’re taking an art class, or you’re going shopping for clothes.
例えば、美術の授業を受ける場合や、服の買い物をする場合などです。

Or if you’re decorating your home and you want to buy some paint.
あるいは、自宅の室内を装飾している最中に、ペンキが欲しくなった場合とかです。

[補足説明]decorateは動詞で、ここでは「室内を装飾する」という意味。

So I’m sure you’ll have a chance to use these words in the future.
皆さんが将来、これらの単語を使用する機会があると確信しています。

If you have any questions, please leave them in the comment section below.
ご質問がある場合は、以下のコメント欄にコメントを残してください。

And don’t forget to like this video and subscribe to our channel for more content.
それと、Likeボタンを押すのとチャンネル登録するのを忘れないでくださいね。

Thank you for watching. I’ll see you in my next video. Bye!
見てくれてありがとうございます。次回の動画でお会いしましょう。