英語・英単語・TOEICの学習サイト Eigo Love

TOEIC Part5 中上級レベル問題 (No.2)

このシリーズではTOEIC満点エキスパートが作成する、TOEIC Part5 中上級レベル(スコア700~799点)問題と英文法解説を公開します。

今回の問題は、最初の1問は「語彙問題」、残りの3問は「英文法問題」です。解説はTOEIC中級者向けに書いています。

TOEIC Part5 短文穴埋め問題No.2 (中上級レベル)

英文の空所に該当する最も適切な単語やフレーズを(A)~(D)の選択肢から選んでください。

Part5 穴埋め問題 Q1

Mr. Lee, the CEO of ABC Company, proposed that their new branch be built in the _________ of the airport.

(A) adjacent
(B) calamity
(C) vicinity
(D) community




※問題の解答は下にあります↓




Q1の解説(単語を選ぶ問題)

【解説】
CEOは新しい支社を空港と関連のある場所に建てたいようです。選択肢を見ると、候補になるのはadjacentとvicinityです。どちらも「近接して、近辺に」という意味があります。
ただ、空欄の前後を見るとin the _________ ofとなっているので、ここに入るのは名詞のvicinityしかありません。

in the vicinity of ~やin vicinity to ~で、「~の近辺に」という意味になります。類義語として、proximityもあり、こちらもTOEICに頻出です。

adjacentを使用する場合は、in adjacent toのように形容詞の形で用いたり、in the adjacency ofやin adjacency toのように名詞の形で用いたりします。
ちなみに(B) calamityは「災難」という意味です。

【答え】
(C) vicinity

【英文】
Mr. Lee, the CEO of ABC Company, proposed that their new branch be built in the vicinity of the airport.
ABC会社のCEOであるリーさんは、新しい支社を空港の近辺に建てようと提案しました。
(選択肢)adjacent、 calamity、 vicinity、 community

Part5 穴埋め問題 Q2

A lawyer, auditor and economist _________ appointed to work for H&B Corporation since last November.

(A) is
(B) are
(C) has been
(D) have been




※問題の解答は下にあります↓




Q2の解説(現在完了形の問題)

【解説】
この問題では、冠詞aの位置と数を正確に把握することが重要です。auditorとeconomistの前にanがないということは、弁護士と監査役と経済評論家は同一人物です。つまり単数扱いになります。

ちなみに、An lawyer, an auditor and an economistとなっていれば3人の別の人が存在することになるので複数扱いになります。そして次に時制を考えてみると、昨年11月以来ずっと働いていることを示し、完了形の形を伴ってのみ使えるsinceがあることから、正解は現在完了形の(C) has been になります。

【答え】
(C) has been

【英文】
A lawyer, auditor and economist has been appointed to work for H&B Corporation since last November.
弁護士であり、監査役であり、経済評論家でもある人は、昨年11月からH&B社に起用され勤めています。
(選択肢)is、 are、 has been、 have been

Part5 穴埋め問題 Q3

The school and parents continued negotiations on tuition increase for more than six months, but _________ of them would compromise in order to reach an agreement.

(A) neither
(B) either
(C) both
(D) one




※問題の解答は下にあります↓




Q3の解説(代名詞の問題)

【解説】
この文章は、「, but」で分かれる二つの文章から成り立っています。後半の文章を導くのが逆接の接続詞「but」であることから、協議が合意には至らなかったことがわかります。
そのため「compromise in order to reach an agreement(合意に到達するための妥協)」は、「なされなかった」とする必要があります。述語部分に否定を示す言葉がないことから、主語に否定の意味合いを持つ言葉が必要です。

(A)neitherは「どちらも~ない」で、指している二つの要素両方を否定できます。代名詞themで表される「学校」と「保護者」の両方を指し、なおかつ両方ともを否定することができるため(A)neitherが正解です。

(B)eitherは「どちらでもよいが、どちらか一方が~だ」で、二つの要素のうちの一方を指すだけで、否定の意味合いもありません。

(C)bothは「どちらも~だ」で、二つの要素両方を指しますが、否定の意味合いがありません。

(D)oneは「片方が~だ」で、二つの要素のうちの一方を指すだけで、否定の意味合いもありません。

【答え】
(A) neither

【英文】
The school and parents continued negotiations on tuition increase for more than six months, but neither of them would compromise in order to reach an agreement.
学校と生徒との親たちが学費値上げに関して6か月にも及ぶ協議を行ったが、合意には至らなかった。
(選択肢)neither、 either、 both、 one

Part5 穴埋め問題 Q4

Sweets manufacturers are facing the pressure to reduce the sugar in their products, _________ they are urging their customers to eat sweet doughnuts for breakfast.

(A) so
(B) yet
(C) and
(D) nor




※問題の解答は下にあります↓




Q4の解説(接続詞の問題)

【解説】
空欄の前後の文を見てみましょう。「製菓会社は商品に含まれる糖分を減らすようにという圧力に直面している」「顧客たちに朝食に甘いドーナツを食べるように勧めている」となります。
この2つの文は逆接の関係にあります。だから(A) so「そこで」と、(C) and「そして」は消去できます。

(D) norは否定文において「~も~もない」という形で用いますが、この問題の文はどちらも肯定文ですので、不適切です。
したがって、正解は「それにもかかわらず」という意味の接続詞 (B) yetとなります。

【答え】
(B) yet

【英文】
Sweets manufacturers are facing the pressure to reduce the sugar in their products, yet they are urging their customers to eat sweet doughnuts for breakfast.
製菓会社は、商品に含まれる糖分を減らすようにという圧力を受けているにもかかわらず、顧客に朝食に甘いドーナツを食べることを推奨しています。
(選択肢)so、 yet、 and、 nor