TOEIC Part5 練習問題と解説 (No.12)

このシリーズではTOEIC Part5 の練習問題とネイティブ先生による解説を公開します。

TOEIC Part5 短文穴埋め問題 No.12

英文の空欄に該当する最も適切なフレーズを(A)~(D)の選択肢から選んでください。

1. The new CEO has introduced a number of changes in an attempt to increase __________.

   (A) efficient
   (B) efficiently
   (C) efficiency
   (D) inefficiency

2. Total first-quarter revenue rose from $2.7 million last year to just __________ $3 million this year.

   (A) more
   (B) greater
   (C) over
   (D) higher

3. Cohen Corporation’s share price __________ after it announced higher than expected earnings.

   (A) soared
   (B) subsidized
   (C) scattered
   (D) seized

4. Braun Motors produces more than 10,000 vehicles __________ month at its factory in Munich.

   (A) for
   (B) over
   (C) via
   (D) per

5. Alphamax Electronics is __________ stiff competition from companies in China and South Korea.

   (A) heading
   (B) facing
   (C) turning
   (D) reaching






TOEIC 練習問題の答えと解説

1. 正解は(C)の「efficiency」

【解説】問題文の主語はCEO(社長)で、空欄の前には自動詞として「増える」、または他動詞として「増やす」ことを意味するincreaseがあります。increaseが自動詞だとするとin an attempt to increaseは「社長が増えようとして」という不自然な文章になってしまうので、問題文のincreaseは他動詞であると推測できます。「社長が増やそうとして」という文章にするには、空欄に社長が増やそうとしているものを表す名詞を入れる必要があります。efficientは「効率的な」という意味の形容詞、efficientlyは「効率的に」という意味の副詞なので、空欄には入りません。efficiency(効率)とinefficiency(非効率)はどちらも名詞ですが、通常社長が非効率を追求することはないと考えられるので、空欄にはefficiency(効率)が入ります。

【英文】The new CEO has introduced a number of changes in an attempt to increase efficiency.
訳:新しい社長は効率を上げるためにいくつかの改革を行った。
選択肢:efficient、efficiently、efficiency、inefficiency

2. 正解は(C)の「over」

【解説】選択肢の中のmore(より多く)、greater(より大きく)、higher(より高く)はすべて形容詞の比較級で、必ずthanとともに使います。問題文の空欄の後にはthanがないので、これら三つの選択肢は空欄には入らないことが分かります。正解は前置詞のoverです。overはThere is a bridge over the river.(川の上に橋がかかっている)のように、「~の上」という位置を基本的に表す前置詞で、数量や価格などの数字とともに使う場合は「~を超えている」という意味になります。問題文の空欄前にあるjustは「ほんの少し」という意味で使われており、just overは「~のやや上」、つまり「~余り」という意味になります。

【英文】Total first-quarter revenue rose from $2.7 million last year to just over $3 million this year.
訳:今年の第1四半期の総収入は、去年の270万ドルから300万ドル余りに増加した。
選択肢:more、greater、over、higher

3. 正解は(A)の「soared」

【解説】選択肢はすべて動詞の過去形です。問題文の主語はCohen Corporation’s share price(Cohen Corporation社の株価)なので、「助成金を与えた」という意味のsubsidized、「散乱した」という意味のscattered、そして「捕らえた」という意味のseizedはどれも文意に合いません。空欄に適切なのは「高騰した」という意味のsoaredです。

【英文】Cohen Corporation’s share price soared after it announced higher than expected earnings.
訳:予想を上回る収益が発表され、Cohen Corporation社の株価は高騰した。
選択肢:soared、subsidized、scattered、seized

4. 正解は(D)の「per」

【解説】選択肢はすべて前置詞です。空欄の後にはmonth(月)という期間を表す名詞があります。viaはvia the internet(インターネットを通して)のように手段や経路を表す前置詞で期間を表す場合には使わないため、空欄には入りません。forとoverは期間を表す場合に使うことができますが、for a month(1ヶ月間)、over 3 months(3ヶ月以上)のように冠詞または数字を後につける必要があります。「~につき」という意味をもつperはmonthの前で直接使うことができるため、空欄にはperが入ります。

【英文】Braun Motors produces more than 10,000 vehicles per month at its factory in Munich.
訳:Braun自動車はミュンヘンにある工場で月に1万台以上の自動車を生産している。
選択肢:for、over、via、per

5. 正解は(B)の「facing」

【解説】選択肢はすべて動詞のing形ですが、空欄の後にある名詞competition(競争)を目的語にできるのはfacing(直面している)のみです。「先頭に立っている」という意味のheading、「回している」または「向きを変えている」という意味のturning、「達している」という意味のreachingは文意に合いません。

【英文】Alphamax Electronics is facing stiff competition from companies in China and South Korea.
訳:Alphamax電機は中国・韓国企業との厳しい競争に直面している。
選択肢:heading、facing、turning、reaching

☆えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC練習問題
  • TOEIC英単語一覧
  • 英単語の使い分け