例文で学ぶ英文法「形容詞・副詞」

このシリーズでは、英文法を例文を使って分かりやすく解説します。今回のテーマは「形容詞・副詞」です。

「形容詞」とは、名詞を修飾する品詞です。例えば「優しい女性」「可愛い時計」「柔らかいお肉」のように、人や物の状態などを説明します。

「副詞」とは、動詞・形容詞・副詞・文全体を修飾する品詞です。例えば動作に対して、「どんなふうに」「どれくらいの頻度」などを説明します。

形容詞

形容詞には、「限定用法」と「叙述用法」の2つの用法があります。

形容詞の限定用法

形容詞の限定用法とは、名詞の前に形容詞を置いて、名詞を修飾する用法のことです。

形容詞を代名詞の前に置いて、代名詞を修飾することはできません。→ 「× tall him」「× blue it」

a beautiful painting(美しい絵)
※形容詞は、冠詞(a, an, the)と名詞の間に置きます。

a nice blue suit(素敵な青いスーツ)

He has a new car.
彼は新しい車を持っています。

Jack is eating a big steak.
ジャックは大きいステーキを食べています。

Ten young boys are playing soccer.
10人の若い男の子がサッカーをしています。
※形容詞は、数詞と名詞の間に置きます。

形容詞の叙述用法

形容詞の限定用法とは、第2文型「主語(S)+動詞(V)+補語(C)」の補語として、形容詞を用いる用法のことです。

The painting is beautiful.
その絵は美しい。

His suit is nice and blue.
彼のスーツは青くて素敵だ。

She is kind.
彼女は優しいです。

Indian food is spicy.
インド料理は辛いです。

Music makes people happy.
音楽は人を幸せにする。

複数の形容詞を用いる用法

名詞を複数の形容詞で修飾する場合の、並べる順番は以下のようになります。

主観的評価 → 大きさ → 形状 → 性質 → 色 → 生産地 → 材料 + [名詞]

【主観的評価を表す形容詞】
nice(素敵な)、beautiful(美しい)、pretty(可愛い)、high quality(高品質な)

※主観的評価とは、人が主観的に表現できる形容詞のことです。

【大きさを表す形容詞】
big(大きな)、small(小さい)、large(大きい)、long(長い)

【形状を表す形容詞】
round(丸い)、triangle(三角の)、square(四角の)、wavy(波状の)

【性質を表す形容詞】
tough(丈夫な)、plain(飾りのない)、heavy(どっしりとした)、simple(シンプルな)

【色を表す形容詞】
white(白い)、brown(茶色の)、blue(青い)、silver(シルバー)

【生産地を表す形容詞】
Japanese(日本の)、American(アメリカ製の)

【材料を表す形容詞】
wooden(木製の)、metal(金属製の)、plastic(プラスティックの)、leather(革製の)

【名詞を形容詞として使う】
dog house(犬小屋)、dining table(タイニングテーブル)、dinner plate(ディナープレート)

※名詞を形容詞として使う場合は、修飾する名詞の直前に置く

以下の例文では、形容詞を複数用いて名詞を修飾しています。

Nice long wavy blond hair
素敵な長いウエーブの金髪ヘアー

High quality tough leather bag
高品質で丈夫な革製のバッグ

Big brown American wooden desk
大きな茶色の、アメリカ製の木の机

Pretty simple small wooden dog house
可愛くてシンプルな、小さな木製の犬小屋

Beautiful small round wood dining table
美しい小さな丸い木製のダイニングテーブル

Large square heavy black plastic pot
大きな正方形の、どっしりとした黒色のプラスティックの鉢

Round plain white hard plastic dinner plate
丸くて飾りの無い、白くて硬いプラスティックのディナープレート

副詞

ここでは副詞の用法を、「動詞を修飾する」「形容詞を修飾する」「副詞を修飾する」「文全体を修飾する」で分けて説明します。

動詞を修飾する副詞

動詞を修飾する副詞の用法は主に、「様態」「頻度」「程度」「時」「場所」があります。

様態を表す副詞

動詞の様態を表す副詞は、動詞の前後や文末に置きます。

様態の表す副詞は、「形容詞 + ly」のスペルの単語が比較的多いです。

Some ghosts suddenly appear.
何人かのお化けが突然現れた。

Students listened quietly to her speech.
学生たちは静かに彼女のスペーチを聞いた。

They are walking on the beach slowly.
彼らは浜辺をゆっくりと歩いている。

頻度を表す副詞

動詞の頻度を表す副詞は、一般動詞の前、be動詞の後、また、文の先頭や文の最後に置きます。

頻度を表す副詞は、「決まった周期の頻度」と「不特定の頻度」の2種類あります。

【決まった周期の頻度】
annually(毎年)、daily(毎日)、hourly(1時間ごと)、monthly(月に1回)、weekly(週に1回)、yearly(年に1回)

【不特定の頻度】
always(いつも)、normally(ふつうは)、usually(たいてい)、often,frequently(しばしば)、rarely,seldom(めったに~ない)、never(1度も~ない)

Full moons occur approximately monthly.
満月は、ほぼ毎月現れる。

I often visit my uncle to play chess.
私はチェスをするために、しばしば伯父を訪ねる。

I sometimes play video games.
私はテレビゲームをときどきします。

程度を表す副詞

動詞の程度を表す副詞は、動詞の前後や文末に置きます。

動詞の程度を表す副詞は、一般動詞の前、be動詞の後、また、文の最後などに置きます。

【程度を表す副詞】
completely、absolutely、entirely(完全に、まったく)→ [強い程度]

greatly、deeply(非常に 大いに)→ [上記の次に強い]

rather、quite(ある程度、まあまあ)→ [普通の程度]

slightly、somewhat(わずかに、多少)→ [弱い程度]

hardly、scarcely(ほとんど~ない)→ [否定]

It is rather cold outside.
外はいくぶん寒い。

A hotel was completely burned by a fire.
ホテルは火事で全焼した。

I hardly have any time to study English.
私は英語を勉強する時間がほとんどありません。

時を表す副詞

時間のある時点・時間帯:

時間のある時点や時間帯を表す副詞には、以下のような単語があります。

now(今)、then(その時)、today(今日)、tomorrow(明日)、tonight(今夜)、yesterday(きのう)、early(早く)、late(遅く)、etc.

I have an appointment to meet him today.
私は今日、彼に会う約束がある。

行動・動作の終了を強調:

行動・動作の終了を強調する副詞には、以下のような単語があります。

already(すでに)、just(ちょうど)、still(まだ)、yet([否定文]まだ)、etc.

I have already finished my homework.
私は既に宿題を終わらせた。

場所を表す副詞

動詞に対して、場所に関する副詞を修飾する場合、動詞の後や文末に置きます。

here(ここ)、there(そこ)、away(離れた所へ)、down(下へ)、along(前へ、先へ)、abroad(外国に)、far(遠くへ)、etc.

Don’t throw garbage away here.
ここでゴミを投げ捨てるな。

He has gone abroad on business.
彼は仕事で海外に行った。

形容詞を修飾する副詞

形容詞に対して「とても~」「かなり~」などの様に、「程度」を説明する場合は、形容詞の前に置きます。

He is very kind.
彼はとても親切です。

Kelly has an extremely big house.
ケリーは非常に大きい家を持っています。

They live in an incredibly beautiful valley
彼らは信じられないほど美しい渓谷に住んでいる。

副詞を修飾する副詞

副詞に対して「とても~」「かなり~」などの様に、「程度」を説明する場合は、副詞の前に置きます。

She speaks very honestly.
彼女はとても正直に話します。

Carl runs extraordinarily fast.
カールは異常に速く走ります。

Air conditioners sell extremely well in this summer
今年の夏はエアコンがかなりよく売れます。

文全体を修飾する副詞

文頭で用いられ、その直後にカンマが置かれ、文全体を修飾する副詞を「文修飾副詞」と呼びます。

Fortunately, he has survived the traffic accident.
幸運にも、彼はその交通事故で生き延びた。

Apparently, the summer sale is scheduled for the end of this month.
どうやら、今月の終わりからサマーセールが予定されているらしい。

形容詞から副詞を作成する方法

副詞には「形容詞から作る副詞」と「形容詞から作らない独自の副詞」があります。

形容詞+「ly」

ほとんどの形容詞は、単語の最後に「ly」を付けるだけで副詞になります。

slow(遅い) → slowly(遅く、ゆっくり)

quiet(静かな) → quietly(静かに)

honest(正直な) → honestly(正直に)

「ic」で終わる形容詞

「ic」で終わる形容詞は、「ally」を付ければ副詞になります。

basic(基本の) → basically(基本的に)

「le」で終わる形容詞

「le」で終わる形容詞は、最後の「e」を「y」に変えれば副詞になります。

simple(簡単な) → simply(簡単に)

「y」で終わる形容詞

「y」で終わる形容詞は、最後の「y」を「ily」に変えれば副詞になります。

angry(怒った) → angrily(怒ったように)

例外

以下の例のように、形容詞から作る副詞でも、「ly」が付かないものもあります。

fast(速い) → fast(速く)

以下の例のように、形容詞から作らない副詞もあります。

very(とても)、often(よく、たびたび)

例文で学ぶ英文法 (目次)

英文法の一覧と解説

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ
  • LOVEたん オンライン