TOEIC Part6 練習問題と解説 (No.1)

このシリーズではTOEIC満点エキスパートが作成するTOEIC Part6 練習問題と英文法解説を公開します。

このPart6問題の特徴は、英文を文脈で理解して答えを導き出す「文脈型問題」を中心に出題しているところです。

TOEICテストでは1つの長文に対して4問出題されますが、今回は5問作成しています。

TOEIC Part6 長文穴埋め問題No.1

英文の空所に該当する最も適切な語句や英文を(A)~(D)の選択肢から選んでください。

Dear Mr. Clark,

I am pleased to inform you that we would ___[1]___ to the next stage of our interview process for the Country Manager position. You ___[2]___ our Executive Director of Human Resources, Douglas Meadow. His assistant, Mary Tan, will get in touch with you to schedule the interview.

___[3]___. ___[4]___, the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best. You’ll especially need to explain your decision-making process ___[5]___ leadership experiences with actual cases from your life. In addition, be ready to describe how you approach and solve problems.

Should you have any questions, please let me know.

Best regards,

John Lee
Manager of Human Resources
ABC Co., Ltd.

[1]
(A) invite you
(B) have invited you
(C) like to invite you
(D) like you to be invited to

[2]
(A) were interview by
(B) will be interviewed by
(C) will be interviewed from
(D) have been interviewed from

[3]
(A) I am more than confident that you will do well at the interview
(B) We firmly believe that you are overqualified for this position
(C) Our interviews are heavily focused on behavioral questions
(D) After reviewing your resume, we strongly consider you as a very strong candidate for this position

[4]
(A) Moreover
(B) On the other hand
(C) Consequently
(D) Therefore

[5]
(A) as long as
(B) as far as
(C) except
(D) as well as







TOEIC上級問題の答えと英文法解説

問題[1] 解答:(C) like to invite you

【解説】
wouldに続く動詞句部分を答える問題です。まず選択肢を見て、仮定法would + 動詞と、would likeという熟語の2種類に分けられると気づけたら素晴らしいです。(A)と(B)は仮定法、(C)と(D)は熟語would likeです。wouldの判断は、主に①Would you + 動詞 ?(丁寧なお願い)、②would like + 動詞(〜したい)、③would + 動詞 / would + have p.p.(仮定法「〜だろう」)の3パターンで判断します。

次に「仮定法を使う文脈かどうか」を判断していきます。空所を含む文の前半部分I am pleased to inform youは直訳すると「私はあなたに連絡できて嬉しいです」ですが、これは単にthat節以下をとても丁寧に伝える時の表現です。そのため和訳する時にくどくなるのを避けるため訳出ししないこともあります。続いて後半部分we would ( 1 ) to the next stage of our interview process for the Country Manager position.は「私たちはカントリー・マネージャー職について次の面接へ( 1 )です。」となります。

ここでは「面接の連絡」をしている場面で仮定法を使う場面ではありません。もし文脈が「面接をするかも知れない」という可能性が低い場面であればmight/mayを使い、現実に起こりえないことを述べる仮定法は不適切と推測できます。そのため(A)(B)は誤りです。

(C)は「私たちは」「招待したい」「あなたを」、(D)「私たちは」「あなたが」「招待される」(ようにしたい)、とどちらの言い方でも「あなた」が「招待される」ことには変わりはありませんが、能動態でも受動態でも表現できる場合は基本的に能動態が自然です。そのため(D)は不適切で、(C)が正解です。

【問題文】
I am pleased to inform you that we would ___[1]___ to the next stage of our interview process for the Country Manager position. You will be interviewed by our Executive Director of Human Resources, Douglas Meadow. His assistant, Mary Tan, will get in touch with you to schedule the interview.

【選択肢】
(A) invite you
(B) have invited you
(C) like to invite you
(D) like you to be invited to

問題[2] 解答:(B) will be interviewed by

【解説】
次はYouに続く動詞句部分の時制の判断、be interviewed byとfromの判断をする問題です。前の文では「面接をしたい」という話でした。今回の文はYou ( 2 ) our Executive Director of Human Resources, Douglas Meadow.「弊社人事担当取締役のダグラス・メドウが( 2 )です。」という内容です。ここから面接担当者を連絡していると推測できます。そのため時制は未来形が適切です。

過去形の(A)、現在完了形「〜してきた」の(D)は不適切です。(B)と(C)は前置詞byとfromの判断です。受動態で動作主を受ける前置詞は基本的にbyで、fromはbe made from「(原材料)〜から作られている」という特殊な場合にしか使いません。そのため今回はbe interviewed byの(B)が正解です。

【問題文】
I am pleased to inform you that we would like to invite you to the next stage of our interview process for the Country Manager position. You ___[2]___ our Executive Director of Human Resources, Douglas Meadow. His assistant, Mary Tan, will get in touch with you to schedule the interview.

【選択肢】
(A) were interview by
(B) will be interviewed by
(C) will be interviewed from
(D) have been interviewed from

問題[3] 解答:(C) Our interviews are heavily ~

【解説】
前後の文脈から考える問題です。ただ今回は空所部分が段落の頭、つまり内容が切り替わる場所にあるため、前の段落の内容とは関連が薄いと判断できます。また空所部分の後ろも空所になっていますが、このような場合は落ち着いてさらに後ろの文章を見ていきましょう。

空所の後ろの文章はthe Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership,「カントリー・マネージャー職では戦略的思考およびリーダーシップが必須の管理職です。」です。requiringは分詞の形容詞的用法で名詞an executive positionを修飾しています。

続いて、so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best.「次回面接までに十分に準備し、これまでの成果を最大限伝えられるよう事前練習を行うことを勧めます。」とあります。つまり「面接の準備を十分にする」よう伝えている内容です。これを踏まえて選択肢を見ていきます。

選択肢(A)は、I am more than confident that you will do well at the interview.「面接でうまくやれると非常に自信を持っています」という内容です。「面接でうまくやれると思う」と述べたあとに「準備を十分して下さい」と伝えるのではうまく繋がりません。また「面接でうまくやれると思う」+しかし+「準備を十分して下さい」という流れであれば自然ですが、空所( 4 )の選択肢に「しかし」にあたる選択肢はありません。そのため(A)は不適切です。問題を横断して考えなければいけない難易度の高い問題です。

選択肢(B)は、We firmly believe that you are overqualified for this position. 「あなたはこの役職には学歴が高すぎると私たちは確信しています」という内容です。overqualifiedは応募を断る時などに使うネガティブな表現です。そのため、これから面接をする人に使うような表現ではありません。また後半部分との繋がりも「学歴が高すぎる」+ので(それを補うために)+「準備を十分にして下さい」ではうまく繋がらないため不適切です。

選択肢(C)は、Our interviews are heavily focused on behavioral questions.「私たちの面接は行動に対する質問を重視しています」という内容です。behavioral questionsとは「過去に取った行動に対する質問」で、このような面接では自分の過去の経歴や働きを説明し、それに対して面接官が答えるという形式です。そのため後半部分の「面接の準備を十分して下さい」という内容ともうまく繋がるため、(C)が正解です。

選択肢(D)は、After reviewing your resume, we strongly consider you as a very strong candidate for this position.「履歴書を拝見させて頂き、あなたがこの役職にとても有力な候補者であると考えています」という内容です。選択肢(A)と同様、「とても有力です」と述べたあとに「準備を十分して下さい」と伝えるのではうまく繋がりません。そのため(D)は不適切です。

【問題文】
___[3]___. Moreover, the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best. You’ll especially need to explain your decision-making process as well as leadership experiences with actual cases from your life. In addition, be ready to describe how you approach and solve problems.

【選択肢】
(A) I am more than confident that you will do well at the interview
(B) We firmly believe that you are overqualified for this position
(C) Our interviews are heavily focused on behavioral questions
(D) After reviewing your resume, we strongly consider you as a very strong candidate for this position

問題[4] 解答:(A) Moreover

【解説】
選択肢がすべて副詞なので副詞の問題です。副詞は前後の内容から判断します。まず空所の前が、( 3 )の空所なので難しいですが、Our interviews are heavily focused on behavioral questions.「私たちの面接は行動に対する質問を重視しています」という内容です。

次に空所のあとは、the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best.「カントリー・マネージャー職では戦略的思考およびリーダーシップが必須の管理職なので、次回面接までに十分に準備し、これまでの成果を最大限伝えられるよう事前練習を行うことを勧めます。」という内容です。

これら2つは原因と結果や、理由と根拠などの関係ではありません。前の内容(面接は行動に対する質問重視)に対して、追加の情報(面接の準備が必要)を述べているという関係です。そのため、選択肢(A)Moreover「さらに」が正解です。

選択肢(B)On the other hand「一方」は、対立する2つの事柄を述べる時に使います。今回は対立関係ではないので不適切です。

選択肢(C)Consequently「結果的に」は、原因と結果の関係にある事象を述べる時に使います。Soなどと違い「Aが起きた、その後結果的にBが起きた」というような時系列で事柄を説明する時に使うので、今回の場合は誤りです。

選択肢(D)Therefore「従って」は、原因と結果の関係にある事柄を述べる時に使います。一見、空所の前の内容(面接は行動に対する質問重視)と後の内容(面接の準備が必要)を「面接は行動に対する質問重視だから、面接の準備が必要」と考えられそうですが、後の内容(面接の準備が必要)の理由はCountry Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership,です。そのため、選択肢(D)で前後を原因と結果として繋げることはできず不適切です。

【問題文】
Our interviews are heavily focused on behavioral questions. ___[4]___, the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best. You’ll especially need to explain your decision-making process as well as leadership experiences with actual cases from your life. In addition, be ready to describe how you approach and solve problems.

【選択肢】
(A) Moreover
(B) On the other hand
(C) Consequently
(D) Therefore

問題[5] 解答:(D) as well as

【解説】
選択肢がすべて副詞句なので副詞の問題です。副詞は前後の内容から判断していきます。空所の前はYou’ll especially need to explain your decision-making process「特に意思決定プロセスを説明する必要があります」という内容です。

空所の後は( 5 ) leadership experiences with actual cases from your life.「人生のこれまでの出来事を踏まえたリーダーとしての経験」という内容です。空所の後ろは名詞になっているので、空所の前の名詞と後の名詞を繋いでいると推測できます。つまり「人生のこれまでの出来事を踏まえたリーダーとしての経験」と「意思決定プロセス」を副詞句が繋いでいます。

選択肢(A)は、A as long as B「Bと同じ長さのA」で長さに対して使います。今回の場合は不適切です。また「〜(の条件)であれば」と条件を述べる時には基本的にBには節(主語+動詞)が入ります。

選択肢(B)は、A as far as B「Bと同じ距離のA」で距離や範囲に対して使います。今回の場合は不適切です。

選択肢(C)は、A except B「B以外のA」はAの範疇からBを除外する時に使います。今回の場合に使うと「人生のこれまでの出来事を踏まえたリーダーとしての経験を除いて、意思決定プロセスを説明する必要があります」となり、面接準備の案内として自然ではないので不適切です。

選択肢(D)は、A as well as B「Bと同様Aも」で、追加情報や追加のものに対して使います。今回は「意思決定プロセスとリーダーとしての経験」とすれば自然なので、これが正解です。

【問題文】
Our interviews are heavily focused on behavioral questions. Moreover, the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best. You’ll especially need to explain your decision-making process ___[5]___ leadership experiences with actual cases from your life. In addition, be ready to describe how you approach and solve problems.

【選択肢】
(A) as long as
(B) as far as
(C) except
(D) as well as

英語長文と日本語訳

Dear Mr. Clark,

I am pleased to inform you that we would like to invite you to the next stage of our interview process for the Country Manager position. You will be interviewed by our Executive Director of Human Resources, Douglas Meadow. His assistant, Mary Tan, will get in touch with you to schedule the interview.

Our interviews are heavily focused on behavioral questions. Moreover, the Country Manager is an executive position requiring strategic thinking and leadership, so I encourage you to well prepare beforehand and practice telling your past accomplishments to your best. You’ll especially need to explain your decision-making process as well as leadership experiences with actual cases from your life. In addition, be ready to describe how you approach and solve problems.

Should you have any questions, please let me know.

Best regards,

John Lee
Manager of Human Resources
ABC Co., Ltd.

【慣用句】
get in touch with:~に連絡を取る
behavioral questions:採用活動での行動面接

【日本語訳】

クラーク様

カントリー・マネージャー職について次の面接へお越し頂きたくご連絡差し上げました。弊社人事担当取締役のダグラス・メドウが次回の面接担当となり、彼の秘書であるMary Tanが面接日時について別途ご連絡差し上げます。

弊社の面接は行動面接を重点に行なっています。また、カントリー・マネージャー職では戦略的思考およびリーダーシップが必須であるため、次回面接までに十分に準備し、クラーク様のこれまでの成果を最大限伝えられるよう事前練習を行うことを勧めます。特に、人生のこれまでの出来事を基にクラーク様の意思決定プロセスおよびリーダーとしてのご経験を説明される必要があります。これに加え、問題発生時の問題への取り組み方と解決方法を説明できるよう備えてください。

不明点がございましたら、ご一報願います。

以上

ジョン・リー
人事担当マネージャー
株式会社ABC