横浜のTOEIC対策スクールの選び方

横浜のTOEIC対策スクールの選び方

今回は横浜のTOEIC対策スクール及び、TOEIC対策コースがある英会話スクール選びで役立つ情報を分かりやすくまとめました。

横浜のTOEICスクールには様々な種類やタイプがあるので、事前に選び方のポイントを押さえておくと失敗を未然に防ぐことができます。

ページの終盤では、横浜のおすすめTOEICスクール「6校」のリンクボタンを掲載していますので、公式サイトへアクセスしてみてください。



TOEICスクール選びのポイント

一言でTOEICスクールと言っても、その数は横浜周辺だけで大手から、個人経営の小さな塾、有志があつまってサークルてきなものまで、たくさんの数のスクールがあります。どこも同じではありません。TOEIC対策とうたってはいるけれども、ノウハウは何も持っていなかったり、ただ生徒集めのためにTOEICの名前を使っているだけのところも正直あります。時間とお金とあなたのやる気を無駄にしないように、まずはスクール選びのポイントを解説します。

信頼できる講師を選ぼう

まずは信頼できる講師がいることが第一条件です。講師自らTOEIC高得点取得者ならば、確実にその先生はTOEICを自分で勉強した経験があります。英語という科目から、外国人に習った方がいいのではないかと思う方が多いいですが、私は外国人を、おすすめしません。

なぜならTOEICは非英語ネイティブのビジネス英語の技量を測定するために作られているテストだからです。ネイティブの友達がTOEICの問題を見て言っていたのですが、この問題満点とれないと言っていました。

日本人が日本語を外国人に教えるのは、教わった経験も習った経験もないので難しいのと同じです。TOEICを学ぶときは、自ら学んだ経験があり、TOEICを受け高得点を取得した実績のある先生の元、日本語を交えて学ぶのが一番です。

また、先生選びの時にはあなたとの相性も大切です。いくら素敵な実績がある先生でも、あなたと相性が合わなければ、効果も出にくいでしょう。あなた自身が信頼できる講師を探しましょう。

教材の質が高い事

講師とあなたとの相性もありますが、教材とあなたとの相性も大切です。もしあなたが、TOEIC500点突破を目指しているのならば、中学文法レベルまで戻って学びなおす必要がありますし、頭打ちが悩みならば、高得点を突破するための教材が必要です。

実際TOEICスクールの質の高い教材のおかげでTOEICのスコアがアップしたという経験談は良く耳にします。TOEICスクールを選ぶ際は使用している教材の確認も行いましょう。

カリキュラムがしっかりしていること

多くのTOEIC受験生にとって、スコアアップまでの時間は限られています。10年後に取れればいいかという気持ちで試験に臨んでいる人はごく一部でしょう。

短期間で、確実にスコアアップが多くの受験生の希望であり、また短期間でスコアアップさせるのがTOEICスクールに通う最大のメリットです。最短でスコアアップするためには、スクール側のカリキュラムがしっかりしていることが重要です。

カリキュラムがしっかりしていれば、あなたはスクール側のカリキュラムをこなしていけばスコアアップにつながります。あなたが通うTOEICスクールはどんなカリキュラムで行われているか、事前に確認しましょう。

サービスが充実していること

そのスクールのサービスがどうなっているかも入会する前に必ず確認しておきましょう。少なくとも以下の5つのサービスは確認しておきましょう。

途中解約制度

転勤や、ご自身の都合などで止む終えなく途中で退会する場合、残りの授業料を返金してくれるのが途中解約制度です。途中解約制度があっても、条件はそれぞれのスクールによって異なります。TOEICスクールの多くは前払い制度を取っているので、途中解約制度があるのかないのか、また、どういった条件になっているかは、万が一のために入会前に確認しておきましょう。

TOEICスコア保証制度

TOEICスコアを保証し、目標までに決められたスコアまで達成できなければ、取得できるまで無料で面倒を見てくれるというのがスコア保証制度です。スクール側に自信が無いと出来ない保証ですが、受ける側も実は気合が入るサポートなのです。

スコア保証制度のサポート体制を取っているスクールの多くは、保証を受ける条件に、授業の出席率が9割以上だったり、課題の提出100%だったりと、しっかりスクールに通い、カリキュラムをこなしたことを条件にしています。カリキュラムをこなして、それでもだめだったら保証してくれるというところが多いいので、モチベーション維持にもつながりますし、努力が無駄にならないサポートと言えますね。

一般教育訓練普及制度

一般教育訓練普及制度とは厚生労働大臣が指定した講座のみが受けられる社会人のための給付制度です。指定された講座であれば、雇用保険加入が1年以上であれば、学費が最大10万円支給される制度です。TOEICスクールでも給付指定されている学校もあるので、社会人の方は確認しましょう。

無料体験レッスン

入ってから、なんか先生と相性が悪いとか、クラスの雰囲気が違う等のミスマッチが起らないように、無料体験レッスンというサポートがあります。無料体験レッスンは多くのスクールでやっています。

振替制度

忙しい社会人には特にありがたいのが振替制度です。急な仕事や出張で、お休みした授業を別の日に振り替えられる制度です。先生の都合などもあるので、スクールによっては対応できないところや、課題で対応してくれるなどもあります。特に毎週決まった時間に時間が取れない方は、必ず入学前に振替制度があるのか、どのようにするのか等確認しておきましょう。


TOEIC対策スクールの種類

TOEIC対策スクールと一言に行ってもその運営方法は何種類かに分かれます。それぞれメリットとデメリットがありますので、解説していきますね。メリットとデメリットを知ってあなたに合ったタイプのスクールをまずは決めましょう。

コーチング型スクール

コーチング型TOEICスクールとは、生徒一人一人に専属のコーチまたはコンサルタントと呼ばれる専門家がついて、マンツーマンで学習をサポートしてくれるスクールです。

メリット

専属のコーチが、あなたのレベル、目標を聞き、あなたに合ったオリジナルのカリキュラムを作成してくれるので、最短距離で効率良くTOEICのスコアアップが望めます。また、コーチング型スクールの特徴として、自習学習の時も英語学習をワンツーマンでサポートしてくれますので、モチベーションを高く維持できるというメリットがあります。

デメリット

専属のコーチが一人ついて、徹底的にあなた専用のカリキュラムを作成し、指導してくれるため、料金は一般的なTOEICスクールと比べると非常に高額になっています。また、せっかく大金を投資しても、カリキュラムをこなしきれなければ意味はありません。自習学習時間もコーチが管理してくれます。ということは、通勤時間の隙間時間に単語学習をしたり、朝勉強したりということが求められてきます。与えられた学習時間がこなせるか、自分の意志が試されます。

TOEIC専門塾

TOEICのスコアアップに特化したTOEIC専門塾。多くのスクールが、グループレッスン型を採用していて、目標スコアレベル別になっています。また、塾長一人で運営している学校もあります。

メリット

TOEICに特化しているだけあり、TOEICの攻略方法を講師自身が熟知し、生徒に教えてくれます。小手先のテクニットといえば聞こえが悪いのですが、TOEICのスコアアップにはテクニックが必要です。短期間で大幅アップを狙うのならなおさらテクニックは必須です。市販の参考書やTOEIC攻略本などに書いていない、テクニックを教えてもらえるのはTOEICスクールの最大のメリットと言えます。

また多くのTOEIC専門塾はグループレッスンを基本としているので、同じ目標をもった仲間作りが可能です。一人だとなかなか続かないことも、仲間がいればモチベーションも維持できます。料金もグループレッスンタイプだと、コーチング型に比べるとリーズナブルです。

デメリット

グループレッスンですので他の生徒に埋もれてしまい、いわゆるお客さん生徒になってしまうこともあります。お客さん生徒とは、特に質問もせず、課題もやらず、ただ来て帰るだけの生徒さん。こうなってしまうとTOEICスコアアップは難しいでしょう。また、塾長一人でやっている学校などの小規模なスクールでは時間的な制約があり、振替の対応が出来ないなど、時間的制約がある場合があります。

大手英会話学校のTOEICコース

大手英会話学校とは、主要都市、主要駅のすぐそばという好立地に沢山の学校を持つ英会話スクールの事です。大手英会話学校でも、TOEICに特化した対策コースを設けています。

メリット

なんといっても立地の良さが大手英会話学校のメリットです。TOEICを働きながら取得する人にとって通いやすさは大切なポイントです。どの学校も駅近くにあり、また、他の学校でも振替を行うなどの大手ならではのサポート体制が整っています。また、敷居が低いのもメリットです。特にTOEIC初心者の方にとって、大手の安心感があり、問い合わせしやすいスクールです。

デメリット

良くも悪くもマニュアル化しているのが大手英会話学校です。講師の教え方、カリキュラム、テキストすべてが英会話学校独自のマニュアルがあり、マニュアル通りに進んでいきます。

生徒にとって自由度が低く、定時に講師はすぐに帰ってしまい、個人的な質問が出来ないということも起り得ます。また、グループレッスンの場合はクラスの雰囲気も大切です。学生が多いいクラスと、社会人が多いいクラスでは雰囲気が違い、自分が思っていたのとは違ったということもあります。

オンラインTOEICスクール

スカイプを使ったオンライン英会話スクールは、ここ数年で一気に英語を学ぶスタイルのメジャーになってきましたね。このようなオンライン型スクールでもTOEICコースを設けている学校もあります。

メリット

オンライン型TOEICスクールのメリットはいつでも、どこでも、スカイプさえあればレッスンを受けることができ、また価格も大変リーズナブルなスクールが多いいです。忙しいビジネスパーソンでも24時間レッスン可能で、場所を選ばないので出張中でもレッスンが可能です。

デメリット

いつでも、どこでもレッスン可能ですが、強制されることは無いので、レッスンをどれだけやるかはあなた次第になってきます。意志が弱い方は続かないかもしれません。また、TOEICコースのカリキュラムはありますが、ペース配分は多くのスクールは受講生任せです。週に何回、何時間、何か月後までにここまでやる、といったようなカリキュラムは組まれていませんので、やはり自分のモチベーションの高さが試されることになります。

通信教育のTOEICスクール

従来の通信教育タイプの物から、アプリを使って学習する、新しいタイプの通信教育まであります。提出する方法は違っていますが、いずれも、期間以内に課題を提出し、回答と解説が戻ってくるという方式は変わりがありません。

メリット

自学が基本となっている通信講座ですので、時間場所を選ばずどこでも学ぶ事ができます。また、課題があり、提出期限が決まっていますので、ペース配分をつかめやすいのも通信教育のメリットです。

デメリット

通信教育のデメリットは、継続が難しい事。課題提出までの期限は決まっていますが、提出しなければそれまでです。また、わからないことを質問するのが難しいというデメリットもあります。


TOEICスクールに通うメリット

ここまで、様々なタイプのTOEICスクールを紹介してきました。独学で学習するという方法もありますが、TOEICで高得点を目指すなら、私は断然スクールに通うことをおすすめします。TOEICスクールに通うメリットをあげてみました。

短期間でスコアアップが狙える

TOEICスクールに通う最大のメリットは、目標スコア獲得のための効率的なノウハウが得られることです。TOEICスクールに通うことで、点数アップのためのテクニックを学べ、効率的に学習をすることが出来ます。

ペースメーカーになる

TOEICスクールはしっかりしたカリキュラムが組まれているので、学習していく際のいいペースメーカーとなります。独学だと、悩みがでてくるところですが、信頼できるスクールに通っていれば、スクールのカリキュラムに沿って学習していけばよいのです。

モチベーションの維持

毎週一回でもスクールに通うと決められれば、あとは通いきるだけ。学校に毎週通うことでモチベーションの維持につながります。

仲間が出来る

TOEIC取得という同じ目標を持つ仲間が出来ることは励みになります。ワンツーマン型のTOEICスクールであっても、先生の存在が励みになることでしょう。

質問できる

分からないことがあれば、直接先生に質問できるのは、弱点克服の近道です。独学だと、どうしてもわからないところはそのままになりがちです。

本に書いていない攻略法が学べる

参考書には書いていない攻略法が学べるのが、TOEICスクールです。先生がレッスン中に言ったアドバイスが、あなたの弱点克服に大いに役にたつということもあります。

仕事でつかえる英語力が身に付く

TOEICはビジネスで使える英語表現を沢山学習します。TOEICスクールで学んでいく過程で、実際の仕事で使える英語力も身につきます。また、学生は、TOEICを学ぶ事で就職後のビジネスマナーなども自然に身に付くでしょう。


受験生別TOEICスクール選びのポイント

TOEIC受験生と言っても、受験生のレベルも幅が広いですし年齢も学生さんから、年配の方までとても幅広くいます。最後に、受験生別TOEICスクール選びのポイントをまとめました。

受験生が学生

学生の場合はまずは料金をしっかり確認しましょう。追加料金は発生するのか、教材費用はどうなっているかなど細かい確認が必要です。学生割引があるスクールもあるので、学生という身分をできれば有効活用しましょう。また、スクールの雰囲気が自分とあっているかも事前に確認することが大切です。

受講生が社会人

社会人は学生よりも時間の制限があるので、振替などの制度はあるのか、短期的にスコアアップした実績があるのかを確認しましょう。社会人の場合は学校によっては一般教育訓練普及制度が適用される場合もあります。こちらも確認しましょう。また、個人のレベルにあった勉強法を提供しているかも必ず確認しましょう。

高得点を目指す方

TOEICスコアを500点目指す初心者の方と、700点から800点突破を目指す、さらに満点を目指すと言った、高得点を目指す人では学習方法が違ってきますので、おのずと高得点を目指す方のスクール選びは、初心者と変わってきます。高得点を目指す人は、まずは講師のレベルを確認しましょう。

高得点突破を目指す方は、特に講師自身が定期的にTOEICを受験していて、高得点を取っている方に指導を受けてください。クラスの雰囲気も大切です。仲間のレベルが高ければ自分へのモチベーション維持にもつながります。

個人にあった勉強法を提供しているかもポイントです。弱点は人それぞれです。自分の今までの弱点をカバーできるカリキュラムを提供してくれるスクールかどうか見極めが大切です。


まとめ

ここまで、TOEICスクールの選び方、ポイントについて解説してきました。TOEICの点数を短期間でアップすることは可能です。実際に沢山の方々が、短期間で点数アップを実現しています。点数アップのために必要なことは、まず、第一にあなたのやる気です。

やる気があれば、あとは自分に合ったスクールを選び、短期間で効果的なカリキュラムと、講師の知識をスクールから提供してもらい、目標得点獲得まで突き進みましょう!
あなたに合ったスクールが見つかりますように。


横浜のTOEIC対策スクール

神奈川県は日本で2番目に人口が多い県だけあって、TOEIC対策スクールの数も多いです。
下記は、TOEIC対策コースがある英会話スクール及び、TOEIC対策スクールを6校ご案内します。

イングリッシュ・ビレッジ

住所:横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX 3階





モリイングリッシュ アカデミー

住所:
神奈川県川崎市中原区丸子通2-682 シルクガーデン201
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-33-3 YT33ビル601

モリイングリッシュ アカデミーの公式サイト


イングリッシュイノベーションズ

住所:神奈川県横浜市神奈川区台町15-1 横浜西口KSビル本館3F

イングリッシュイノベーションズの公式サイト


Eigojuku 英語塾

住所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-16-1若宮大路ビル202

Eigojuku英語塾の公式サイト


臨海グローバル

住所:
横浜市神奈川区金港町6-4エバーズ第9横浜東口ビル 3階
神奈川県川崎市高津区溝口1-13-13 マルヒロビル4階

臨海グローバルの公式サイト


Berlitz(ベルリッツ)

住所:
横浜市 青葉区青葉台1-6-12 カンゼームビル5F
横浜市 港南区上大岡西一丁目6番1号ゆめおおおかオフィスタワー18階
横浜市 港北区新横浜2-4-15 太田興産ビル新横浜5F
横浜市 青葉区美しが丘2-14-2 スクエアビル2F
横浜市 西区高島2-19-12 スカイビル20F
神奈川県川崎市 川崎区駅前本町 11-1 パシフィックマークス川崎5F
神奈川県川崎市 麻生区上麻生1-5-1 りそな新百合ヶ丘ビル2F
神奈川県川崎市 高津区溝口2-1-1 クレステーション溝の口(東急溝の口駅ビル)4F
神奈川県厚木市 中町2-2-20 オーイズミ本厚木ビル7F
神奈川県藤沢市 藤沢462 日本生命藤沢駅前ビル5F

Berlitzの公式サイト