「痛み」の意味を持つ英単語の使い分け

このシリーズでは、いろんな種類の類義語を学習します。今回は「痛み」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「痛み」の英単語

pain, ache, agony, throb, pang, soreness

使い分けのポイント

painは「痛み」や「苦痛」を意味する最も一般的な名詞で、肉体的な痛みと精神的に感じる痛みの両方について使うことができます。agonyもまた肉体的、精神的な痛みのどちらについても使える単語で、painよりも強く激しい痛みを表します。pangは突然襲う激しい痛みを表す表現で、肉体的な痛み以外にも“pang of conscience”(良心の呵責)のように、精神的に感じる苦痛を表す場合にも使うことができます。

acheは肉体的な痛みを表す名詞で、「長く続く鈍い痛み」を表します。headache(頭痛)、stomachache(腹痛)、toothache(歯痛)のように、体の一部を表す名詞と複合名詞をなして使われることも多いです。

throbは「動悸」や「鼓動」という意味で主に使われる名詞ですが、鼓動のように短い間隔で起こっては引いていく「ズキズキとした痛み」を表す表現としても使うことができます。sorenessは傷などが「ひりひりする」ことを表す動詞であるsoreの名詞形で、「ひりひりするような痛み」や、傷などの「患部の痛み」を表します。

【目次】

pain

[名詞での主な意味]
 (肉体的・精神的な)痛み。[最も一般的な表現]

[発音]
 péin ペイン(アクセントは、ペ)

[語形変化]
 単数形: pain
 複数形: pains

[例文]
 If you experience abdominal pain after taking the medicine, please call your doctor.
 訳:薬の服用後に腹痛を感じたら、医者に連絡してください。

【BACK】

ache

[名詞での主な意味]
 (長く続く鈍い)痛み。[しばしば体の一部を表す名詞と複合名詞をなす]

[発音]
 éik エイク(アクセントは、エ)

[語形変化]
 単数形: ache
 複数形: aches

[例文]
 I have a dull ache in my tooth.
 訳:歯が鈍く痛む。

【BACK】

agony

[名詞での主な意味]
 (肉体的・精神的な)激しい痛み、激しい苦痛。

[発音]
 ǽgəni アゴニー(アクセントは、ア)

[語形変化]
 単数形: agony
 複数形: agonies

[例文]
 It was agony to watch her suffering.
 訳:彼女が苦しんでいるのを見るのは苦痛だった。

【BACK】

throb

[名詞での主な意味]
 (ズキズキとする)痛み。動悸(どうき)、鼓動。

[発音]
 θrɑ́b スロッブ(アクセントは、ロ)

[語形変化]
 単数形: throb
 複数形: throbs

[例文]
 I feel a dull throb in my head.
 訳:頭がズキズキする。

【BACK】

pang

[名詞での主な意味]
 (突然襲う)激痛。(鋭い)痛み。(心の)痛み。

[発音]
 pǽŋ パング(アクセントは、パ)

[語形変化]
 単数形: pang
 複数形: pangs

[例文]
 He started getting hunger pangs.
 訳:彼は空腹すぎてお腹が痛くなってきた。

【BACK】

soreness

[名詞での主な意味]
 (患部の)痛み。(ひりひりする)痛み。

[発音]
 sɔ́ːrnəs ソアネス(アクセントは、ソ)

[語形変化]
 単数形: soreness
 複数形: 無し

[例文]
 You can relieve your muscle soreness by doing some stretches.
 訳:ストレッチをすれば筋肉痛を和らげることができます。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ
  • 単語帳アプリ