「合図する」の意味を持つ英単語の使い分け

今回は「合図する」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「合図する」の英単語

gesture, beckon, signal, wave, nod

使い分けのポイント

gestureは名詞として「身振り」や「手振り」という意味があり、動詞としては人に「何かをするように」身振りや手振りで合図する事を意味する。beckonはgestureより使い方が限られて、相手に「来るように」手や指で合図する場合にだけ使う。waveはあいさつや合図として「手を振る」事を表す。signalは手や体の動きに限らず、物や音などを使って合図を送る場合にも使える。

gesture

[動詞での主な意味]
 (人に何かをするように)(身振り・手振りで)合図する。

[発音]
 dʒéstʃər ジェスチャ(アクセントは、ジェ)

[語形変化]
 現在形: gesture
 三人称単数現在形: gestures
 過去形: gestured
 過去分詞: gestured
 現在分詞: gesturing

[例文]
 The police officer gestured for the driver to stop.
 訳:警官は運転手に止まるように合図した。

【BACK】

beckon

[動詞での主な意味]
 (人に来るように)(指・手で)合図する。

[発音]
 békən ベカン(アクセントは、ベ)

[語形変化]
 現在形: beckon
 三人称単数現在形: beckons
 過去形: beckoned
 過去分詞: beckoned
 現在分詞: beckoning

[例文]
 ”I’ll show you the way” John said and beckoned me to follow him.
 訳:「案内してあげるよ」とジョンは言って、ついてくるように私に合図した。

【BACK】

signal

[動詞での主な意味]
 (物・音・動きなどで)合図を送る。

[発音]
 sígnl スィグナル(アクセントは、スィ)

[語形変化]
 現在形: signal
 三人称単数現在形: signals
 過去形: signaled
 過去分詞: signaling
 現在分詞: signaling

[例文]
 The referee blew his whistle to signal the end of the game.
 訳:試合の終了を告げるために審判は笛を吹いた。

【BACK】

wave

[動詞での主な意味]
 (挨拶・合図として)手を振る。

[発音]
 wéiv ウェイヴ(アクセントは、ウェ)

[語形変化]
 現在形: wave
 三人称単数現在形: waves
 過去形: waved
 過去分詞: waved
 現在分詞: waving

[例文]
 The guard waved us through the gate.
 訳:警備員は私達に門を通るように手を振って合図した。

【BACK】

nod

[動詞での主な意味]
 (同意・合図などを示すために)うなずく。

[発音]
 nɑ́d ノッド(アクセントは、ノ)

[語形変化]
 現在形: nod
 三人称単数現在形: nods
 過去形: nodded
 過去分詞: nodded
 現在分詞: nodding

[例文]
 Christine nodded her agreement.
 訳:クリスティーンはうなずいて同意を示した。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

☆えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC練習問題
  • TOEIC英単語一覧
  • 英単語の使い分け