「泣く」の意味を持つ英単語の使い分け

このシリーズでは、いろんな種類の類義語を学習します。今回は「泣く」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「泣く」の英単語

cry, weep, sob, wail, whimper

使い分けのポイント

cryは「泣く」ことを意味する最も一般的な動詞で、声をあげて泣く場合にも、声を出さずに涙を流す場合にも使うことができます。weepは「静かに涙を流す」ことを意味します。cry、weepはどちらも悲しさから泣く場合だけではなく、嬉しさから泣く場合にも使います。

sobは悲しみに打ちひしがれ、息を詰まらせてしゃくりあげながら「すすり泣く」こと、wailは甲高い声をあげて「泣き叫ぶ」ことを意味します。whimperは弱々しい声で「しくしく泣く」という意味で、子供が怖くて泣く様子などを表す際に使います。cry、weepとは異なり、sob、wail、whimperは嬉しくて泣くという意味では使いません。

【目次】

cry

[動詞の主な意味]
 (悲しみ・喜びなどで)泣く。[最も一般的な表現]

[発音]
 krái クライ(アクセントは、ラ)

[語形変化]
 現在形: cry
 三人称単数現在形: cries
 過去形: cried
 過去分詞: cried
 現在分詞: crying

[例文]
 Babies cry when they are hungry.
 訳:赤ちゃんはお腹が空いた時に泣く。

【BACK】

weep

[動詞の主な意味]
 [文学](深い悲しみ・喜びなどで)静かに涙を流す。[文学的な表現]

[発音]
 wíːp ウィープ(アクセントは、ウィー)

[語形変化]
 現在形: weep
 三人称単数現在形: weeps
 過去形: wept
 過去分詞: wept
 現在分詞: weeping

[例文]
 Cathy wept tears of joy at her son’s safe return.
 訳:息子が無事に帰ってきたことが嬉しくてキャシーは涙を流した。

【BACK】

sob

[動詞の主な意味]
 (大きな悲しみに打ちひしがれて)しゃくりあげながらすすり泣く。

[発音]
 sɑ́b ソッブ(アクセントは、ソ)

[語形変化]
 現在形: sob
 三人称単数現在形: sobs
 過去形: sobbed
 過去分詞: sobbed
 現在分詞: sobbing

[例文]
 She collapsed onto the bed and sobbed.
 訳:彼女はベッドに崩れ落ちて泣きじゃくった。

【BACK】

wail

[動詞の主な意味]
 (悲しみ・苦しみなどで)(大きくて甲高い声を上げて)泣き叫ぶ。

[発音]
 wéil ウェイル(アクセントは、ウェ)

[語形変化]
 現在形: wail
 三人称単数現在形: wails
 過去形: wailed
 過去分詞: wailed
 現在分詞: wailing

[例文]
 The little boy began to wail as soon as his mother left.
 訳:その男の子はお母さんがいなくなるとすぐに金切り声をあげて泣き出した。

【BACK】

whimper

[動詞の主な意味]
 (弱々しい声を出しながら)しくしく泣く。

[発音]
 wímpər ウィンパ(アクセントは、ウィ)

[語形変化]
 現在形: whimper
 三人称単数現在形: whimpers
 過去形: whimpered
 過去分詞: whimpered
 現在分詞: whimpering

[例文]
 The lost girl whimpered for her mother.
 訳:迷子になった女の子はお母さんを探してしくしく泣いた。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • TOEIC Part3練習問題
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • TOEIC単語アプリ