TOEIC Part3 練習問題と解説 (No.12)

このシリーズではTOEIC Part3 の練習問題と解説、更にダイアローグ(会話文)の英文法まで詳しく解説します。

「Questions」の下にあるオーディオボタンを押すと、Part3問題のダイアローグが再生されます。ダイアローグの内容がわかるまで繰り返しリスニングした後で、以下の設問を解いてください。

TOEIC Part3 練習問題 No.12

Questions

Questions 1 through 3 refer to the following conversation.

1. What is the topic of this conversation?
(A) How to become a celebrity
(B) Gossip about the speakers’ favorite celebrities
(C) The importance of maintaining a good public image
(D) Media coverage of celebrities’ private lives

2. What does the man say about celebrities’ privacy?
(A) It’s inevitable to lose your privacy when you become famous
(B) It’s fine for the media to invade celebrities’ privacy
(C) Celebrities should have the same amount of privacy as regular people
(D) Celebrities reveal their private lives on purpose

3. According to the woman, who has the power to decide what gets reported in the media?
(A) TV stations
(B) The public
(C) The government
(D) Publishers






Part3 練習問題の解説

ダイアローグ

ダイアローグの英文

Title: Celebrities’ private lives and the media

M: I don’t think it’s right that the media reports on the private lives of celebrities.

W: If you ask me, that’s an unavoidable consequence of choosing to do a job in the public eye. (※1) People who enter the entertainment industry should be prepared for media attention.

M: Being a singer or actor is just another job though. (※2) Most people wouldn’t like every detail of their lives being made public. Don’t famous people deserve the same amount of privacy as the rest of us? (※3)

W: It’s not like working in an office or a factory because projecting an appealing image is part of being a successful performer. (※4) That inevitably has an effect on the person’s private life. (※5)

M: Is image that important? Isn’t it enough to just be good at singing or acting?

W: My point is that many celebrities use their public image to make money. If they’re going to do that, then they have an obligation to live up to that image.

M: I suppose I would be a little disappointed if someone who seemed nice on TV turned out to be nasty in private. (※6) That said, I still feel that the media goes too far sometimes.

W: The media only publishes such stories because people want to read them. In the end, it’s the public that has the power to decide what gets reported. (※7, 8)

ダイアローグの解説

【※1】 If you ask me, that’s an unavoidable consequence of choosing to do a job in the public eye.

“If you ask me”は自分の意見を述べる時に使う決まり文句です。相手から聞かれていないのに自分の意見を述べる場合に使うことが多く、強気な印象を与えます。似たような表現に“as far as I’m concerned”もあります。例:As far as I’m concerned, his new novel is not as good as the last one.(私が思うに、彼の新しい小説は前作に劣る。)

【※2】 Being a singer or actor is just another job though.

文末に“though”をつけると「~けどね」といったニュアンスが出ます。これは話し言葉で使う表現で、フォーマルな書き言葉には使いません。

【※3】 Don’t famous people deserve the same amount of privacy as the rest of us?

“deserve”は「~に値する」という意味の表現です。例:Your effort deserve to be praised.(あなたの努力は称賛に値する。)He deserves to be punished.(彼は罰を受けて当然だ。)また、会話文のように、根本的な権利について話す場合にも使えます。なお、「権利」は英語で“right”ですが、この単語を用いた表現をすることもできます。“right”を使ってこの文を書き直すと、“Don’t famous people have the same right to privacy as the rest of us?”となります。

【※4】 It’s not like working in an office or a factory because projecting an appealing image is part of being a successful performer.

冒頭の“it”は、男性の発言に出てきた名詞句の“being a singer or actor”(歌手や俳優であること)です。

【※5】 That inevitably has an effect on the person’s private life.

冒頭の“that”は女性が直前の発言で述べた“projecting an appealing image is part of being a successful performer”(魅力的なイメージを見せるのも芸能人として成功するための仕事の一部だ)という節のことです。このように、代名詞に置き換える部分が名詞句ではなく、節である場合は“it”よりも“that”を使うことが多いです。

【※6】 I suppose I would be a little disappointed if someone who seemed nice on TV turned out to be nasty in private.

“seem”は「~のように思える」、「~のようである」という意味を表します。男性は、「テレビで優しそうに見えた人が、実は優しくないことが分かった」という設定で話をしています。このように仮定的な話をする場合は仮定法過去を用います。この文でも“if”の後の動詞は過去形になっています。“turn out to be”(~だと判明する)という表現には、判明したことが意外であるというニュアンスが含まれています。意外性を表す表現には“actually”(実は~)もあります。例:He was actually the villain of the movie. (その映画の悪役は実は彼だった。)

【※7】 In the end, it’s the public that have the power to decide what gets reported.

「結局」に相当する英語には、“in the end”の他に“after all”もあります。ただし、使い方はやや異なります。“in the end”は「色々配慮をした上での結論」を述べる場合に使う表現です。これに対して“after all”は、「聞き手もすでに知っていること」を述べる場合に使う表現です。特に「忘れてはいけない根本的な事実」に言及する際に使うことが多く、以下の例文のように自分の意見(“You should talk to him”)を裏付ける根拠(“he is your brother”)として述べているというニュアンスをもっています。例:You should talk to him. After all, he is your brother.(彼と話すべきですよ。何といっても、彼はあなたの兄弟ですから。)

【※8】 In the end, it’s the public that have the power to decide what gets reported.

“the public has the power to decide”(一般大衆が決める力をもっている)と言うこともできますが、“it’s the public that has the power to decide”(決める力をもっているのは一般大衆だ)とすることによって、「力をもっているのは、他の何者でもなく一般大衆だ」と強く主張することができます。なお、この文の“what gets reported”は「何が報道されるか」という意味のwh節で、“decide”の目的語になっています。

ダイアローグの日本語訳

男性:マスコミが有名人の私生活を報道するのは正しくないことだと思う。

女性:私に言わせたら、それは人前に出る仕事を選ぶことの代償で、避けることができないものよ。芸能界に入る人は、マスコミから注目されることを覚悟しておくべきだわ。

男性:でも、歌手や俳優であることもただの仕事だよ。自分の生活の細かいところまで世間に知られたくないと思う人がほとんどだよ。有名人にも僕達と同じぐらいのプライバシーがあって然るべきじゃない?

女性:魅力的なイメージを見せるのも芸能人として成功するための仕事の一部よ。オフィスや工場で働くのとは違うわ。当然私生活も影響を受けるわよ。

男性:イメージってそんなに大事?歌や演技が上手いだけで十分じゃない?

女性:私が言いたいのは、芸能人は儲けるために自分のイメージを利用するってことよ。そうするのであれば、そのイメージ通りに行動する義務があるわ。

男性:テレビでは優しそうに見えた人が私生活では意地悪だと分かったら確かにちょっとがっかりするかも。とはいっても、マスコミはやりすぎだと思うことが時々あるよ。

女性:マスコミがそういう記事を出するのは、ただそれを読みたがる人がいるからじゃない。結局、何が報道されるかを決める力をもっているのは一般大衆よ。

設問の答えと解説

Question 1: 正解は(D)

1. What is the topic of this conversation?
(A) How to become a celebrity
(B) Gossip about the speakers’ favorite celebrities
(C) The importance of maintaining a good public image
(D) Media coverage of celebrities’ private lives

この会話の話題は何ですか?
(A) 芸能人になる方法
(B) 自分たちが好きな芸能人のゴシップ
(C) 公に見せる自分のイメージを良く保つことの重要性
(D) 芸能人の私生活についての報道のあり方

【解説】会話文の冒頭で男性は“I don’t think it’s right that the media reports on the private lives of celebrities”(マスコミが芸能人の私生活を報道するのは、正しくないことだと思う)と述べています。これに対して女性が“People who enter the entertainment industry should be prepared for media attention”(芸能界に入る人は、マスコミから注目されることを覚悟しておくべきだ)と答えており、その後も芸能人(celebrities)、プライバシー(privacy)、メディア(media)についての発言が続くことから、二人はマスコミが芸能人の私生活について報道することをどう思うかについて話していることが分かります。

Question 2: 正解は(C)

2. What does the man say about celebrities’ privacy?
(A) It’s inevitable to lose your privacy when you become famous
(B) It’s fine for the media to invade celebrities’ privacy
(C) Celebrities should have the same amount of privacy as regular people
(D) Celebrities reveal their private lives on purpose

男性は芸能人のプライバシーに対してどのような意見をもっていますか?
(A) 有名になるとプライバシーを失うことは避けられない
(B) メディアは芸能人のプライバシーを侵害しても構わない
(C) 芸能人も一般人と同等のプライバシーをもつのが当然だ
(D) 芸能人はわざと私生活を公開している

【解説】会話文冒頭の“I don’t think it’s right that the media reports on the private lives of celebrities”(マスコミが有名人の私生活を報道するのは、正しくないことだと思う)という発言から、マスコミが芸能人の私生活を報道することに対して男性は否定的な意見をもっていることが分かります。これを踏まえて、まずBを選択肢から確実に除外することができます。Aの意見は文中に出てきますが、これを述べているのは女性です(“that’s an unavoidable consequence of choosing to do a job in the public eye”)。この女性の発言の後に男性が“Don’t famous people deserve the same amount of privacy as the rest of us?”(有名人にも僕達と同じぐらいのプライバシーがあって然るべきではないか?)と述べていることから、正解はCであると分かります。なお、芸能人が自分のイメージを利用するという話題は出てきますが(“many celebrities use their public image to make money”)、意図的に私生活を公開しているという内容の発言はないため、Dも不正解です。

Question 3: 正解は(B)

3. According to the woman, who has the power to decide what gets reported in the media?
(A) TV stations
(B) The public
(C) The government
(D) Publishers

メディアで報道される内容は何によって決められると女性は考えていますか?
(A) テレビ局
(B) 大衆
(C) 政府
(D) 出版社

【解説】ヒントになるのは女性の最後の発言です。“In the end, it’s the public that has the power to decide what gets reported”は「結局、何が報道されるかを決める力をもっているのは一般大衆だ」という意味であることから、正解はBであることが分かります。また、“media”はテレビや新聞、ラジオなど情報を公に発信するものを総称する言葉であることからも、AやDは選択肢から除外することができます。なお、Cの「政府」を意味する語句は会話文には出てきません。

TOEIC Part3 練習問題

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 大学入試にでる英単語
  • TOEIC単語アプリ