「話す」の意味を持つ英単語の使い分け

このシリーズでは、いろんな種類の類義語を学習します。今回は「話す」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「話す」の英単語

speak, talk, say, chat, state, chatter, converse, ramble

使い分けのポイント

speakとtalkはともに「話す」という行為に重点をおく動詞ですが、speakが相手との会話というよりも一方的に話すというニュアンスが強いのに対し、talkは会話をする相手を必要とします。talkはまた、重要なことについて話し合う場合にも使います。

sayは何かを「言う」という意味の動詞で、発言の内容に重点がおかれる場合に使います。stateは口頭、または書面で「述べる」という意味です。

chatは誰かとくつろいだ「おしゃべりをする」ことを意味します。converseはchatより硬い表現で、意見や情報交換のために「会話する」という意味です。

chatterには、たわいのないことについて「ぺちゃくちゃとしゃべる」というニュアンスがあります。rambleは長々と「とりとめのない話をする」ことで、何が言いたいかが分からないというニュアンスをもつことが多いです。

【目次】

speak

[動詞の主な意味]
 (一方的に)話す、物を言う。演説をする。(外国語が)話せる。

[発音]
 spíːk スピーク(アクセントは、ピー)

[語形変化]
 現在形: speak
 三人称単数現在形: speaks
 過去形: spoke
 過去分詞: spoken
 現在分詞: speaking

[例文]
 Jenny was so scared she couldn’t even speak.
 訳:ジェニーはあまりにも怖くて、話すことすらできなかった。

【BACK】

talk

[動詞の主な意味]
 (相手と)話す。(重要な事について)話し合う。

[発音]
 tɔ́ːk トーク(アクセントは、トー)

[語形変化]
 現在形: talk
 三人称単数現在形: talks
 過去形: talked
 過去分詞: talked
 現在分詞: talking

[例文]
 They always end up arguing when they talk about politics.
 訳:彼らが政治について話すと、結局いつもケンカになってしまう。

【BACK】

say

[動詞の主な意味]
 (言葉などを)言う。

[発音]
 séi セイ(アクセントは、セ)

[語形変化]
 現在形: say
 三人称単数現在形: says
 過去形: said
 過去分詞: said
 現在分詞: saying

[例文]
 Kelly could not hear what he said because the music was too loud.
 訳:音楽の音量が大きすぎたので、ケリーは彼が何と言ったか聞き取れなかった。

【BACK】

chat

[動詞の主な意味]
 (人と~について)くつろいだおしゃべりをする。

[発音]
 tʃǽt チャット(アクセントは、チャ)

[語形変化]
 現在形: chat
 三人称単数現在形: chats
 過去形: chatted
 過去分詞: chatted
 現在分詞: chatting

[例文]
 Emma and Zoe chatted on the phone for 2 hours.
 訳:エマとゾーイは電話で2時間おしゃべりをした。

【BACK】

state

[動詞の主な意味]
 (事実・意見などを)(口頭・書面で)述べる、明言する。

[発音]
 stéit ステイト(アクセントは、テ)

[語形変化]
 現在形: state
 三人称単数現在形: states
 過去形: stated
 過去分詞: stated
 現在分詞: stating

[例文]
 Senator Johnson stated that he has no intention of running for president.
 訳:ジョンソン上院議員は大統領に立候補するつもりはないと明言した。

【BACK】

chatter

[動詞の主な意味]
 (たわいないことについて)ぺちゃくちゃしゃべる。

[発音]
 tʃǽtər チャター(アクセントは、チャ)

[語形変化]
 現在形: chatter
 三人称単数現在形: chatters
 過去形: chattered
 過去分詞: chattered
 現在分詞: chattering

[例文]
 She chattered away about the latest celebrity gossip.
 訳:彼女は有名人の最新のゴシップについてぺちゃくちゃとしゃべった。

【BACK】

converse

[動詞の主な意味]
 (人と)(意見・情報交換のために)会話を交わす。(硬い表現)

[発音]
 kənvə́ːrs カンヴァース(アクセントは、ヴァー)

[語形変化]
 現在形: converse
 三人称単数現在形: converses
 過去形: conversed
 過去分詞: conversed
 現在分詞: conversing

[例文]
 They conversed about their favorite artists.
 訳:彼らは好きな芸術家についての会話をした。

【BACK】

ramble

[動詞の主な意味]
 (長々と)とりとめなく話す。

[発音]
 rǽmbl ランブル(アクセントは、ラ)

[語形変化]
 現在形: ramble
 三人称単数現在形: rambles
 過去形: rambled
 過去分詞: rambled
 現在分詞: rambling

[例文]
 He’s been rambling on for over an hour even though no-one is listening.
 訳:誰も聞いていないのに、彼は延々と1時間以上話し続けている。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • TOEIC Part3練習問題
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • TOEIC単語アプリ