「重要な」の意味を持つ英単語の使い分け

今回は「重要な」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「重要な」の英単語

important, significant, essential, key, vital, crucial

使い分けのポイント

importantとsignificantは、物事や出来事などが「重要である」ことを表す形容詞で、例えば“The fall of the Berlin Wall was an important[a significant] event in world history.”(ベルリンの壁の崩壊は世界の歴史の中でも重要な出来事だった)、“She is an important part[a significant part] of our team.”(彼女は我々のチームの重要な一員だ)のように、同じように使うことができる場合もありますが、含まれるニュアンスがやや異なるため、使い分けが必要になる場合も多くあります。

importantには「ある物事にとって、またはある行為を行うにあたって不可欠である」というニュアンスがあります。“It is important to look both ways before crossing the street.”は「道を渡る際には左右を確認することが大事だ」という意味の文章ですが、左右を確認することは安全に道を渡るという行為において不可欠です。また、“Water is important for living creatures.”は「水は生物にとって重要だ」という意味ですが、水は生物が生きていくうえで不可欠です。このように「不可欠である、必要である」というニュアンスではsignificantは使うことができません。

importantはまた、「人や物事に対する影響力が大きい」というニュアンスももっています。例えば、“He’s one of the most important politicians.”は「彼は最も重要な政治家の一人だ」という意味の文章ですが、ここでのimportantは「影響力が大きい」、または「権力が大きい」という意味で使われています。

significantには、「規模や数が顕著である」というニュアンスがあります。例えば“There was a significant difference between the two results.”は、「二つの結果には重大な違いがあった」という意味ですが、この文章でsignificantは違いが顕著であることを表すために用いられています。同じ文章にimportantを使うこともできますが、“There is an important difference between the two results.”という文章からは、違いが顕著であるかどうかは分かりません。

essentialは物事の「本質」を意味する名詞essenceの形容詞形です。日本語では「非常に重要な」と訳されることが多いですが、“Air is essential for life.”(空気は生きるのに不可欠だ)、“A reservation is essential if you would like to see the movie on the opening day.”(その映画を公開日に見たいなら、予約は必須だ)のように、ある物事が何かにとって「本質的である」、つまり「必要不可欠である」というニュアンスをもっています。vitalは「命」を意味する語源をもつ形容詞で、“It is a vital question.”(これは死活問題だ)のように、「命にかかわるほど重要である」というニュアンスで使われます。keyは名詞として「鍵」を意味しますが、形容詞として用いられると、“a key player in the team”(チームの要の選手)、“the key words in the paragraph”(段落内の重要な単語)のように「非常に重要な」、または「肝心の」という意味になります。

crucialは「将来的な状況を左右する」というニュアンスをもつ単語で、例えば“We’ve reached a crucial phase of the project.”(私達はプロジェクトの非常に重要な段階に至った)には、その段階にプロジェクトの成功がかかっているというニュアンスが含まれています。また、“a crucial ingredient to make a cake”(ケーキを作るのに不可欠な材料)のように、ある物や人が何かの目的のために「不可欠である」という意味でも使われます。

important

[形容詞での主な意味]
 (人・物事・出来事などが)(影響力が大きく)重要な。

[発音]
 impɔ́ːrtnt インポータント(アクセントは、ポー)

[比較変化]
 比較級: more important
 最上級: most important

[例文]
 That company is an important client of ours.
 訳:その会社は我々にとって重要な顧客だ。

【BACK】

significant

[形容詞での主な意味]
 (人・物事・出来事などが)重要な。(規模・数が)顕著な。

[発音]
 signífikənt スィグニフィカント(アクセントは、ニ)

[比較変化]
 比較級: more significant
 最上級: most significant

[例文]
 The scientists made a significant discovery.
 訳:その科学者は重大な発見をした。

【BACK】

essential

[形容詞での主な意味]
 (人・物事が)必要不可欠の、必須の。

[発音]
 isénʃəl イセンシャル(アクセントは、セ)

[比較変化]
 比較級: more essential
 最上級: most essential

[例文]
 Water is essential for life.
 訳:生きるために水は不可欠だ。

【BACK】

key

[形容詞での主な意味]
 (物事・問題などが)鍵となる、肝要な。

[発音]
 kíː キー(アクセントは、キー)

[比較変化]
 無し

[例文]
 She’s the key person within the company.
 訳:彼女は会社のキーパーソンだ。

【BACK】

vital

[形容詞での主な意味]
 (物事・問題などが)致命的な、非常に重要な。

[発音]
 váitl ヴァイタル(アクセントは、ヴァ)

[比較変化]
 比較級: more vital
 最上級: most vital

[例文]
 He plays a vital role in our team.
 訳:彼は私達のチームの非常に重要な役割を担っている。

【BACK】

crucial

[形容詞での主な意味]
 (物事が)(将来的な状況を左右するほど)非常に重要な。(人・物事が)(~するのに)不可欠な。

[発音]
 krúːʃl クルーシャル(アクセントは、ルー)

[比較変化]
 比較級: more crucial
 最上級: most crucial

[例文]
 The problem occurred at a crucial stage of the development process.
 訳:その問題は開発過程の非常に重要な段階で生じた。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

☆えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC練習問題
  • TOEIC英単語一覧
  • 英単語の使い分け