「手伝う」の意味を持つ英単語の使い分け

このシリーズでは、いろんな種類の類義語を学習します。今回は「手伝う」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「手伝う」の英単語

help, assist, aid, support

使い分けのポイント

helpは「手伝う」ことを意味する最も一般的な動詞で、相手が抱えている仕事などを「軽減させる」というニュアンスをもっています。assistはhelpよりも硬い表現で、仕事などを「補助する」ことを意味します。assistの名詞形assistantが「アシスタント」、つまり「助手」や「補佐」を意味する名詞であることを踏まえると、イメージがしやすいでしょう。

aidは困難な状況にある人や国などを、団体や機関が資金や物資を与えて「援助する」ことを意味する硬い表現です。helpは、相手が助けを必要としている場合にも、必要としていない場合にも使うことができますが、aidには「相手が助けを必要としている」ことが含意されています。supportは「物が倒れないように支える」ことを基本的に意味する動詞で、人や活動などを物資や資金で「支援する」という意味以外に、「人を精神的に支える」というニュアンスでもよく使われます。

【目次】

help

[動詞での主な意味]
 (人を)手伝う、手助けする。[最も一般的な表現]

[発音]
 hélp ヘルプ(アクセントは、ヘ)

[語形変化]
 現在形: help
 三人称単数現在形: helps
 過去形: helped
 過去分詞: helped
 現在分詞: helping

[例文]
 I asked my brother to help me with my homework.
 訳:兄に宿題を手伝ってくれるように頼んだ。

【BACK】

assist

[動詞での主な意味]
 (人の仕事・活動などを)手伝う、補助する。[硬い表現]

[発音]
 əsíst アスィスト(アクセントは、スィ)

[語形変化]
 現在形: assist
 三人称単数現在形: assists
 過去形: assisted
 過去分詞: assisted
 現在分詞: assisting

[例文]
 He assisted the professor with his research.
 訳:彼は教授の研究を補助した。

【BACK】

aid

[動詞での主な意味]
 (団体・公的機関などが)(苦境にある国・人を)援助する。[硬い表現]

[発音]
 éid エイド(アクセントは、エ)

[語形変化]
 現在形: aid
 三人称単数現在形: aids
 過去形: aided
 過去分詞: aided
 現在分詞: aiding

[例文]
 The company donated 1 million dollars to aid the victims of the earthquake.
 訳:その会社は地震の被災者を援助するために100万ドルを寄付した。

【BACK】

support

[動詞での主な意味]
 (人・活動などを)支援する。(人を)(精神的に)支える。

[発音]
 səpɔ́ːrt サポート(アクセントは、ポー)

[語形変化]
 現在形: support
 三人称単数現在形: supports
 過去形: supported
 過去分詞: supported
 現在分詞: supporting

[例文]
 She supported her friend through her battle with illness.
 訳:彼女は病気と闘っている友達の心の支えとなった。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ