例文で学ぶ英文法「接続詞」

このシリーズでは、英文法を例文を使って分かりやすく解説します。今回のテーマは「接続詞」です。

接続詞とは、語と語、句と句、節と節、文と文などを結びつけるための品詞です。

接続詞は「等位接続詞」と「従位接続詞」の2種類あります。また「接続副詞」という接続詞のような働きをする副詞もあります。

等位接続詞

等位接続詞は、同種で対等な関係にある語と語、句と句、節と節などを接続します。

【等位接続詞】
and、but、or、nor、etc.

and:それで

She likes movies, and she often goes to the cinema.
彼女は映画が好きで、よく映画館に行きます。

以下の例文のように、andで結ぶ文の主語や動詞が同じの場合は省略することができます。

He has a cat and he has a dog.
彼は猫と犬を飼っています。

He has a cat and a dog. 【省略】

but:しかし

I want to see him, but he doesn’t want to see me.
私は彼に会いたい、しかし彼は私に会いたくない。

or:~または~

Do you want to go see a movie or eat at a restaurant?
映画を見に行くか、またはレストランで食事するか、どちらがいい?

nor:AもBも~しない

My husband neither smokes nor drinks.
夫はタバコも吸わないし、お酒も飲まない。

従位接続詞

従位接続詞は主節に対して、「従位節」と呼ばれる別の節を結び付ける働きがあります。従位節には名詞節と副詞節があります。

従位接続詞(副詞節を導く接続詞)

【従位接続詞(副詞節を導く接続詞)】
when、till、until、while、if、once、except、unless、whether、because、since、although、though、yet、whereas、as、than、so、etc.

時間を表す接続詞

when:~の時

I liked watching cartoons when I was a child.
私は子供の頃、アニメを見るのが好きでした。

till:(動作が終了する時)~まで

They decided to wait till the rain had stopped.
彼らは雨がやむまで待つことにした。

until:(動作の継続が)~するまでずっと

Glenn waited by the entrance until Laura arrived.
ローラが着くまで、グレンは入口のそばで待った。

while:~する間に、~の間ずっと

I took a lot of photos while I was in New York.
ニューヨークにいる間に写真をたくさん撮った。

条件を表す接続詞

if:もし~ならば、~とすれば

If I were you, I wouldn’t say anything to him about it.
もし私があなたなら、彼にそれについて何も言わない。

once:いったん~すると

Lisa enjoyed her new life in Australia, once she got used to it.
慣れてきたら、リサはオーストラリアでの新しい生活を楽しく感じた。

except:~ということを除いて

The hotel was fantastic, except that it was a little far from the beach.
ビーチから少し遠かったことを除けば、素晴らしいホテルだった。

unless:もし~でなければ

We will be late unless we leave now.
今出発しないと遅刻する。

理由を表す接続詞

because:~だから

He can’t come because he has a cold.
彼は風邪を引いているから来れません。

since:~だから

Since tomorrow is a holiday, let’s go for a drink.
明日は祝日だから、今夜は飲みに行こう。

譲歩を表す接続詞

although:~だけれども

Although the weather was bad, I enjoyed the trip.
天気は悪かったけども、私は旅行を楽しんだ。

Although he now lives in Tokyo, he is originally from Fukuoka.
彼は今東京に住んでいるけども、元々は福岡出身だ。

though:~にもかかわらず

Though he is rich, he is not happy.
彼は金持ちであるにもかかわらず、幸せではない。

対比を表す接続詞

yet:けれども、それにもかかわらず

The room was simple, yet beautiful.
シンプルだが、きれいな部屋だった。

whereas:~である一方で

whereasはフォーマルな表現です。

He is very outgoing, whereas his brother is shy.
彼はとても社交的だが、弟は内気だ。

比較を表す接続詞

as:~と同じように、するのと同様に

The children did as they had been told.
子供たちは言われた通りにした。

than:~よりも~

He is taller than I am.
彼は私より背が高い。

結論を表す接続詞

so:それで

I don’t know his phone number, so I can’t call him.
彼の電話番号を知らないので、彼に電話をかけることができない。

We were running late, so we decided to take a taxi.
私達は遅れていたので、タクシーで行くことにした。

接続副詞

接続副詞とは、文と文や節と節を、論理的に結び付ける役割を果たす副詞のことです。

【接続副詞】
therefore、however、also、besides、then、else、otherwise、etc.

結果を表す接続詞

therefore:従って

thereforeはフォーマルな表現です。

I want to go to university in America. Therefore, I need to study English.
私はアメリカの大学に行きたい。従って、英語を勉強する必要がある。

対立を表す接続詞

however:しかし

howeverはフォーマルな表現です。

That’s a good idea. However, it might be too expensive.
それはいいアイディアです。しかし、高すぎるかもしれません。

連結を表す接続詞

also:~もまた

She can speak not just English but also French.
彼女は英語だけでなく、スランス語も話せる。

besides:その上

I didn’t buy the clothes because I didn’t really like the design of it and, besides, didn’t have any money.
私はあの服を買わなかった、理由は服のデザインがあまり好きではなかったし、その上、お金も全然なかった。

then:それから

Wash your hands, and then eat.
先に手を洗って、それから食べなさい。

選択を表す接続詞

else:そのほかに

Don’t tell anyone else.
他の人には話すな。

otherwise:さもなければ

He must have missed his train, otherwise he’d have arrived now.
彼は電車に乗り遅れたに違いない、そうでなければもう着いているはずだ。

その他の接続副詞

as if:まるで~みたいに

「as if she were a child」が副詞節で、talksに対して、彼が彼女にどのように話すかを修飾しています。

He talks to her as if she were a child.
彼はまるで、彼女が子供であるかのように、彼女と話します。

for example:例えば

He can speak many languages, for example, French, German and Spanish.
彼はたくさんの言語を話せます、例えばフランス語、ドイツ語とスペイン語。

by the way:ところで

何かを思い出してから、話題を変える時などに使います。

By the way, how was your vacation?
ところで、あなたの休暇はどうでしたか?

anyway:とにかく

話を終わらせる時や、元の話題に戻す時に使います。

Anyway, I’ll let you know the result.
とにかく、結果を知らせます。

従位接続詞(名詞節を導く接続詞)

【従位接続詞(名詞節を導く接続詞)】
whether、if、that

whether:~かどうか

I am not sure whether I should call him.
彼に電話すべきかどうか分からない。

if:~かどうか

以下の例文の「if」は「wonder」の目的語です。※上記の「whether」よりも、くだけた表現。

I wonder if I can pass the exam.
私は試験に合格できるだろうか。

that:~ということ

「that」は動詞の目的節を導く従位接続詞です。

「that節」の詳細は、以下のページをご覧ください。

英文法「that節とwh節」

関連ページ

以下のリンクでは、接続詞の英単語一覧を公開しています。

接続詞の英単語一覧

例文で学ぶ英文法 (目次)

英文法の一覧と解説

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ