例文で学ぶ英文法「that節・wh節」

このシリーズでは、英文法を例文を使って分かりやすく解説します。今回のテーマは「that節・wh節」です。

that節とは、従位接続詞の「that」で導かれる、名詞節のことです。that節は主語・補語・目的語として用いられます。

wh節とは、「wh」で始まる「疑問詞」または「whether(接続詞)」で導かれる名詞節のことです。wh節は特定の動詞の目的語として用いられます。

that節

従位接続詞の「that」で導かれる節を「that節」と呼びます。「that+名詞節」での「that」の意味は「~ということ」です。

that節の用法

that節は「目的語」「主語」「補語」「同格」の、4つの用法があります。

that節を主語で用いる

以下の例文[1]では、that節を主語として用いています。

主語が長い場合は、例文[2]のように「It」を形式主語として文の先頭に置き、後で「it」の説明として「that節」を置くのが一般的です。

[1] That children read many books is important.
子供たちが多くの本を読むことは重要です。
※that節は「That children read many books」

[2] It is important that children read many books.
子供たちが多くの本を読むことは重要です。
※「it is 形容詞 that」の構文

that節を補語で用いる

以下の例文では、that節を第2文型の補語として用いています。

His problem is that he has a lack of concentration.
問題は彼に集中力がないことです。

※that節は「that he has a lack of concentration」

that節で同格を導く

that節で同格を導くとは、名詞に対してthat節で補足的に説明を加える用法です。

同格の基本形は「名詞+名詞」、「名詞+名詞節(that節)」です。前の名詞を、後の「名詞」または「名詞節」で修飾します。

以下の例文では、that節を用いて「何の」可能性かの説明を加えています。

There is a good chance that the products will sell well.
その製品が良く売れる可能性は大いにある。

※that節は「that the products will sell well」(その製品は良く売れるだろう)

that節を動詞の目的語で用いる

that節は特定の動詞の目的語としても使います。

I hope that you will be able to come.
私はあなたが来れることを望んでいます。

I know that he is a kind person.
彼は優しい人だと知っています。

He admitted that he had made a mistake.
彼は間違っていたことを認めました。

People say that a great earthquake will occur in the region.
その地方で大地震が発生するかもしれないと言われている。

以下の例文のように、「that」の接続詞は省略することもできます。

I think that you will like that book.

I think you will like that book.
あなたはその本を気に入ると思います。

「that節」を目的語に使う動詞の例

「that節」を目的語に使う動詞は、「思考」に関する表現や、「発言」に関する表現の単語が多いです。

「思考」に関する表現の動詞 「発言」に関する表現の動詞
believe 信じる admit 認める
decide 決める agree 同意する
expect 期待する answer 答える
feel 感じる argue 主張する
forget 忘れる claim 主張する
hope 望む complain 不平を言う
guess 推測する deny 否定する
imagine 想像する explain 説明する
know 知る hear 聞く
remember 思い出す mention 言及する
suppose 推測する promise 約束する
think 思う reply 返事をする
understand 理解する say 言う
wish ~すれば良いな suggest 提案する

that節の重要構文

ここでは「that節」を用いた重要構文、「so 形容詞 that節」と「such a 形容詞+名詞 that節」を説明します。

so 形容詞 that節

「so 形容詞 that節」は、「とても 形容詞 なので、(that節)です」という意味になります。

I am so busy that I can’t go on the date.
私はとても忙しくて、デートができない。

such a 形容詞+名詞 that節

「such a 形容詞+名詞 that節」は、「とても 形容詞な 名詞 なので、(that節)です」という意味になります。

She is such a smart girl that she is a member of Mensa International.
彼女はとても頭の良い女性で、メンサ・インターナショナルの会員です。

wh節

「wh」で始まる「疑問詞」、または「whether(接続詞)」で導かれる節を「wh節」と呼びます。wh節は特定の動詞の目的語として使います。

「wh」で始まる「疑問詞」には、「疑問代名詞」と「疑問副詞」があります。

【疑問代名詞】
what, who, whose, whom, which

【疑問副詞】
where, when, why, how

wh節の用法

「疑問詞で始まるwh節」と「whetherで始まるwh節」の2種類あります。

wh節は疑問詞で始まる名詞節で、疑問文としての機能も持っています。

主節にwh節を結び付けた文は「間接疑問文」になります。

疑問詞で始まるwh節

以下の例文では、動詞の目的語に、疑問詞で始まるwh節を用いて「間接疑問文」を作っています。

I know who he is.
私は彼が誰なのかを知っています。
※wh節は「who he is」。疑問代名詞は「who」

I wonder what happened.
何が起こったのだろうか。

She explained why she couldn’t come to the party.
彼女は何故パーティーに来れなかったを説明した。

whetherで始まるwh節

「whether」は「~かどうか」という意味で、名詞節を導く接続詞です。

以下の例文では、動詞の目的語に、「whether」で始まるwh節を用いて「間接疑問文」を作っています。

I don’t know whether I should tell you.
私はあなたに教えるべきかどうか分かりません。

You have to decide whether you agree with him or not.
あなたは彼に同意するかどうかを決めなければならない。

wh節と関係詞節の違い

疑問詞の単語は、関係詞(関係代名詞・関係副詞)でも使われ、wh節と関係詞節は似ています。

「wh節の疑問詞」と「関係詞節の関係詞」の判別方法は、「先行詞」があれば「関係詞節の関係詞」、なければ「wh節の疑問詞」です。

但し、関係副詞の先行詞は省略される場合があるので注意してください。

【wh節】
I forgot where I put my glasses.
私どこに眼鏡を置いたのか忘れてしまった。
※「where」はwh節の疑問詞

【関係詞節】
I forgot the place where I put my glasses.
私は眼鏡を置いた場所を忘れてしまった。
※「where」は関係詞節の関係詞

「wh節」を目的語に使う動詞の例

「wh節」を目的語に使う動詞は、「思考」に関する表現や、「発言」に関する表現の単語が多いです。

「思考」に関する表現の動詞 「発言」に関する表現の動詞
forget 忘れる admit 認める
know 知る agree (with) 同意する
remember 思い出す argue 主張する
suppose 推測する ask 尋ねる
forget 忘れる claim 主張する
understand 理解する explain 説明する
wonder だろうかと思う hear 聞く
care ~に関心がある mention 言及する
mind ~を嫌だと思う reply 返事をする
predict ~を予測する say 言う
determine ~を決定する suggest 提案する

例文で学ぶ英文法 (目次)

英文法の一覧と解説

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ
  • 単語帳アプリ
  • LOVEたん オンライン