「恐怖」の意味を持つ英単語の使い分け

このシリーズでは、いろんな種類の類義語を学習します。今回は「恐怖」という意味を持つ英単語の使い分けとニュアンスの違いを解説します。

「恐怖」の英単語

fear, fright, dread, terror, horror

使い分けのポイント

fearは「恐怖」を意味する最も一般的な名詞です。frightはぎょっとする物や出来事を目撃して突然感じる恐怖のことです。frightはその恐ろしい出来事が起きたその場で感じる恐怖のことで、例えば虫や雷など特定の物が怖いという場合や、高所恐怖症のように特定の何かに対する恐怖を常にもっている場合はfearを使います。

dreadは将来に起こる可能性があることに対する「強い恐怖」や「不安」を意味し、terrorはfear、fright、dreadよりもさらに強い恐怖を表します。horrorは恐ろしい物や光景を目にして感じる気持ちで、強い恐怖だけではなく、嫌悪感やショックも含みます。

【目次】

fear

[名詞の主な意味]
 (危険・苦痛・災難・脅迫などに対する)恐怖。[最も一般的な表現]

[発音]
 fíər フィアー(アクセントは、フィ)

[語形変化]
 単数形: fear
 複数形: fears

[例文]
 The boy was trembling with fear.
 訳:その男の子は恐怖で震えていた。

【BACK】

fright

[名詞の主な意味]
 (ぎょっとするような)突然の恐怖、激しい驚き。

[発音]
 fráit フライト(アクセントは、ラ)

[語形変化]
 単数形: fright
 複数形: frights

[例文]
 The sudden loud noise made Monica jump with fright.
 訳:モニカは突然の大きな音にぎょっとして飛び上がった。

【BACK】

dread

[名詞の主な意味]
 (将来に起こる可能性があることに対する)強い恐怖。

[発音]
 dréd ドレッド(アクセントは、レ)

[語形変化]
 単数形: dread
 複数形: 無し

[例文]
 The thought of tomorrow’s exam filled him with dread.
 訳:明日の試験のことを考えると、彼は不安で頭がいっぱいになった。

【BACK】

terror

[名詞の主な意味]
 (身の危険に際して感じる)非常に激しい恐怖。

[発音]
 térər テラー(アクセントは、テ)

[語形変化]
 単数形: terror
 複数形: terrors

[例文]
 She screamed in terror at the sight.
 訳:その光景を見て、彼女は恐怖で悲鳴をあげた。

【BACK】

horror

[名詞の主な意味]
 (嫌悪感・ショックを含む)強い恐怖。

[発音]
 hɔ́ːrər ホーラー(アクセントは、ホー)

[語形変化]
 単数形: horror
 複数形: horrors

[例文]
 They watched in horror as the flames engulfed the building.
 訳:彼らは炎が建物を飲み込むのをおびえながら見ていた。

【BACK】

以上、ご閲覧ありがとうございました。

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC対策スクール
  • TOEIC 英単語一覧
  • TOEIC900点 勉強法
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • LOVEたん オンライン