例文で学ぶ英文法「不定詞・動名詞」

このシリーズでは、英文法を例文を使って分かりやすく解説します。今回のテーマは「不定詞・動名詞」です。

不定詞とは、「名詞」「形容詞」「副詞」の役割を果たす動詞の形です。主に「まだ起きていない未来」や「将来起こる可能性」を表します。動名詞とは、動詞が名詞の役割も果たす動詞の形です。動詞にimgを付けると動名詞になります。主に今起こっていることを表します。

to不定詞

to不定詞は動詞の原形の前にtoがついた形です。to不定詞には名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法の3用法があります。

名詞的用法

to不定詞は名詞的用法において「~すること」を意味し、文の主語、補語、または目的語として用いることができます。

主語としてのto不定詞:

To see the pyramids is my dream.
ピラミッドを見るのが私の夢です。

To see is to believe.
見ることは信じることである。
※ことわざ。日本語では「百聞は一見にしかず」にあたる。

主語としてto不定詞を用いる場合、主語が長くなることを避けるためにitが仮の主語として使われることもあります。

To exercise every day is difficult for me.
毎日運動するのは難しい。

【itを使った書き換え】
It is difficult for me to exercise every day.

To start a business was a big step for me.
起業は私にとって大きな一歩でした。

【itを使った書き換え】
It was a big step for me to start a business.

補語としてのto不定詞:

His hobby is to run.
彼の趣味は走ることです。

My plan is to move to Tokyo.
私の計画は東京に引っ越すことです。

目的語としてのto不定詞:

She likes to swim.
彼女は泳ぐことが好きだ。

I wish to go abroad.
私は外国に行きたい。
※直訳:私は外国に行くことを望んでいる。

make、find、thinkなどの動詞の場合は、to不定詞を直接目的語にするのではなく、形式目的語のitを用います。

His diligence made it possible for him to succeed.
勤勉さが彼の成功を可能にした。

I find it difficult to make friends with new people.
新しい人と仲良くなるのは難しいと思う。

I think it is very hard to write an article in English.
英語で論文を書くのは難しいと思う。

形容詞的用法

to不定詞は形容詞的用法において「~するための」という意味を表し、名詞を修飾します。

I don’t have any dress to wear for the party.
パーティーに着ていくためのドレスがない。

We don’t have anything to eat in the fridge.
冷蔵庫に食べるものが何もない。

You need to bring something warm to wear.
何か暖かい服を持って行った方がいいよ。

副詞的用法

to不定詞は副詞的用法において動詞や形容詞を修飾します。副詞的用法のto不定詞には様々な意味があります。

目的を表す:

I went to the convenience store to buy a snack.
私はコンビニにお菓子を買いに行った。

He bought those books to study English.
彼は英語を勉強するためにそれらの本を買った。

結果を表す:

She grew up to be a doctor.
彼女は大きくなって医者になった。

I tried again only to fail again.
もう一度試したが、結局また失敗しただけだった。

上記の例文のonly toは「~したが、結局~しただけだった」という意味で、結果を表すto不定詞の副詞的用法でよく使われます。

ある気持ちになった理由を表す:

I’m so glad to see you.
あなたに会えてとても嬉しい。

I’m sorry to hear the news.
その知らせを聞いて気の毒に思う。

判断の根拠を表す:

She must be very upset to say something like that.
そんなことを言うなんて、彼女はかなり動転しているに違いない。

You’re so generous to buy me a drink.
おごってくれるなんて気前がいいね。

程度を表す:

That’s too good to be true.
それは話がうますぎる。

You are not old enough to drive.
あなたはまだ運転できる歳じゃない。

条件を表す:

To hear you speak, people would take you for a native English speaker.
あなたが話すのを聞けば、人はあなたを英語母語話者だと思うでしょう。

My parents would be so upset to hear that I had an accident.
もし私が事故に遭ったと知ったら、両親は動転するだろう。

動名詞

動名詞は動詞のing形で「~すること」を意味し、文中で名詞としての役割を果たします。

動名詞の用法

動名詞はto不定詞の名詞的用法と同様に、主語、補語、目的語として使うことができます。

主語としての動名詞:

Going to the Grand Canyon is my dream.
グランドキャニオンに行くのが私の夢です。

Running is not my thing.
ランニングは好きではない。

補語としての動名詞:

His hobby is fishing.
彼の趣味は釣りです。

My plan is changing jobs.
私の計画は転職することです。

目的語としての動名詞:

She likes swimming.
彼女は泳ぐことが好きだ。

I enjoy baking.
お菓子を作るのは楽しい。

動名詞とto不定詞

動名詞とto不定詞はともに名詞としての役割を果たすことができます。基本的に意味は同じですが、主語や補語としては動名詞の方が一般的にはよく使われます。主語・補語としてのto不定詞が使われるのは、例えば以下の例文のように抽象的な表現であることが多いです。

To love at all is to be vulnerable.
(C. S. Lewis, The Four Loves)
少しでも愛することは無防備になることだ。
(C・S・ルイス『四つの愛』)

目的語としては動名詞も不定詞も同じようによく使われます。どちらを使うかは、文の動詞によって決まります。動名詞とto不定詞のどちらも使うことができる動詞も多いですが、動名詞とのみ、またはto不定詞としか使えない動詞もあります。また、動名詞を使うかto不定詞を使うかによって文章の意味が変わる動詞もあります。

動名詞とのみ使うことができる動詞:

【admit(認める)】
✖:He admitted to steal the watch.

〇:He admitted stealing the watch.
彼は腕時計を盗んだことを認めた。

【discuss(~について話し合う)】
✖:They discussed to start a new project.

〇:They discussed starting a new project.
彼らは新企画を始めることについて話し合った。

※記号の意味 〇:正しい / ✖:間違い

to不定詞とのみ使うことができる動詞:

【claim(~と主張する)】
✖:He claims being rich.

〇:He claims to be rich.
彼は金持ちだと言い張っている。

【decide(決める)】
✖:They decided going.

〇:They decided to go.
彼らは行くことに決めた。

※記号の意味 〇:正しい / ✖:間違い

動名詞とto不定詞で文意が変わってしまう動詞:

以下の動名詞の例文は、「過去にその本を読んだ」という事実を忘れたことを表しており、to不定詞の例文は「その本を読むつもりだった、または読まなくてはいけなかった」ことを忘れたことを表しています。

【forget(忘れる)】
I forgot reading the book.(動名詞)
その本を読んだことを忘れました。

I forgot to read the book.(to不定詞)
その本を読むことを忘れていました。

以下の動名詞の例文は、「ドアにカギをかけた」という事実を覚えている、または思い出したということを表し、to不定詞の例文はドアに(これから)カギをかけなくてはいけないことを覚えているということを表しています。

【remember(覚えている)】
He remembered locking the door.(動名詞)
彼はドアにカギをかけたことを覚えていた。
彼はドアにカギをかけたことを思い出した。

He remembered to lock the door.(to不定詞)
彼はドアにカギをかけることを忘れなかった。
※直訳:彼はドアにカギをかけるべきであることを覚えていた。

例文で学ぶ英文法 (目次)

英文法の一覧と解説

Eigo Loveおすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC Part3練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • 英作文の練習
  • TOEIC単語アプリ