「~がある」と「~がいる」の言い方

日本語の「~がある」と「~がいる」という言い方は英語では”There is…”や”I have…”と表現します。それぞれの使い方を見てみましょう。

持ち物や家族について話す場合

持ち物や家族について話す場合には”have”を使うことが多いです。

   I have a computer.
   (私はパソコンがあります。)

   I have two sisters.
   (私は2人の姉妹がいます。)

   She has a brother and a sister.
   (彼女は1人の兄弟と1人の姉妹がいます。)

   He doesn’t have a car.
   (彼は車がありません。)

上記の例文のように、英語では「ある」「いる」のように区別しません。

注意:
「~がある/いる」以外に、”have”には「浴びる、食べる、飼う」等の意味もあります。

   I have a shower every morning.
   (私は毎朝シャワーを浴びます。)

   I usually don’t have breakfast.
   (私は大抵朝ご飯を食べません。)

   She has two dogs.
   (彼女は2匹の犬を飼っています。)

存在を示す場合

人や物の存在を示す場合には”There is/are”を使います。

   There is a cat in the garden.
   (庭に猫がいます。)

   There is a man in the lobby.
   (ロビーに男の人がいます。)

これは少し特殊な文で、”is”と”are”のどちらを使うかは次に来る名詞で決まります。単数の場合は「is」を使って、複数の場合は”are”を使います。

   There are two books on the desk.
   (机の上に2冊の本があります。)

名詞が2つ以上ある場合は、is”と”are”のどちらを使うかは最初の名詞で決まります。

   There is a cup and some magazines on the table.
   (テーブルの上に1個のコップと数枚の雑誌があります。)
   There are some magazines and a cup on the table.
   (テーブルの上に数枚の雑誌と1個のコップがあります。)

“There is/are”の文は新しい情報を与える時に使うことが多いです。よって、聞き手が既に知っている物や事を示す冠詞の”the”とはあまり一緒に使いません。

   × There is the meeting tomorrow.
   ○ There is a meeting tomorrow. (明日会議があります。)
   ○ The meeting is tomorrow. (会議は明日です。)

また、代名詞の所有格ともあまり一緒に使いません。

   × There is my father in the living room.
   ○ My father is in the living room. (父はリビングにいます。)

英語文法解説の目次へ戻る

☆えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC練習問題
  • TOEIC英単語一覧
  • 英単語の使い分け