疑問文(questions)

疑問文とは?

疑問文は質問をするためのの文です。「”Yes”か”No”で答える疑問文」・「疑問詞を使った疑問文」・「付加疑問文」という3つの種類に分けることができます。

“Yes”か”No”で答える疑問文

英語の疑問文は動詞がbe動詞か一般動詞かによって作り方が変わります。

be動詞の場合

be動詞の場合は、語順を変えるだけで普通の肯定文から疑問文に変わります。

   肯定文: He is American.
        (彼はアメリカ人です。)
   疑問文: Is he American?
        (彼はアメリカ人ですか?)
   応答例: Yes, he is. / No, he isn’t.
        (はい、そうです。) / (いいえ、そうではありません。)

上記のように、be動詞を文頭に持ってくることによって、疑問文になります。

be動詞を使った否定文も同じようにbe動詞を文頭に持ってくることで否定疑問文になります。なお、答え方は日本語と異なるので、注意しましょう。

   否定文: They are not students.
        (彼らは学生ではありません。)
   否定疑問文: Are they not students?
          (彼らは学生ではないのですか?)
   応答例: No, they are not. / Actually, they are.
        (学生ではありません。) / (実は学生です。)

否定文で”are not”を”aren’t”に略す等、略した言い方を使うことが多いですが、その場合はbe動詞とnotは一つの単語になっているのでそのまま一緒に文頭に持ってきます。

   否定文: That isn’t your book.
        (それはあなたの本ではありません。)
   否定疑問文: Isn’t that your book?
          (それはあなたの本ではないのですか?)
   応答例: No, it isn’t. / Yes, it is
        (私のではありません。) / (私のです。)

一般動詞の場合

一般動詞の場合は、動詞をせず最初に”do”を加えます。

   肯定文: You cook every day.
        (あなたは毎日料理します。)
   疑問文: Do you cook every day?
        (あなたは毎日料理しますか?)
   応答例: Yes, I do. / No, I don’t.
        (はい、します。) / (いいえ、しません。)

3人称単数(he, she, it, John)の場合は”do”ではなく”does”を加えます。

   肯定文: He plays baseball.
        (彼は野球をします。)
   疑問文: Does he play baseball?
        (彼は野球をしますか?)
   応答例: Yes, he does. / No, he doesn’t.
        (はい、します。) / (いいえ、しません。)

注意:
上記の例のように、3人称単数で”s”や”es”を付けるのは文の最初の動詞のみです。ここで、doに先に付けているので、playにも付ける必要はありません。

一般動詞を使った否定文の場合、”do”は既に文の中に入っているので、それを文頭に持ってくることで否定疑問文を作ります。

   否定文: They do not watch TV.
        (彼らはテレビを見ません。)
   否定疑問文: Do they not watch TV?
          (彼らはテレビを見ないのですか?)
   応答例: No, they don’t. / Actually, they do.
        (見ません。) / (実は見ます。)

“do not”を”don’t”に略している、または”does not”を”doesn’t”に略している場合は、それごと文頭に持ってきます。

   否定文: Colin doesn’t drive.
        (コリンは運転しません。)
   否定疑問文: Doesn’t Colin drive?
          (コリンは運転しないのですか?)
   応答例: No, he doesn’t. / He does.
        (しません。) / (します。)

疑問詞を使った疑問文

もちろん、「はい」か「いいえ」で答えれる質問だけでは聞き出せる情報に限りがあります。もっと豊かな情報を聞き出すためには、疑問詞を使います。疑問詞というのは、「何」や「どこ」等の言葉です。

英語の疑問詞
what
where どこ
when いつ
why なぜ
how どうやって、どのように、どのぐらい
who
whose 誰の
whom 誰に/を
which どちら、どれ

疑問詞は疑問文の最初に入れます。

   疑問詞無し: Is your name John?
          (あなたの名前はジョンですか?)
   疑問詞あり: What is your name?
          (あなたは名前は何ですか?)
   応答例: My name is Tony.
        (私の名前はトニーです。)

   疑問詞無し: Does he play rugby?
          (彼はラグビーをしますか?)
   疑問詞あり: Where does he play rugby?
          (彼はどこでラグビーをしますか?)
   応答例: He plays rugby at school.
        (彼は学校でラグビーをしています。)

注意:
疑問詞だけで質問の幅が広すぎる場合があります。

   What is he?
   (彼は何ですか?)
   
   What does he play?
   (彼は何をしますか?)

上記の質問をしても、”He is a student”(彼は学生です。)や”He plays the guitar”(彼はギターを弾きます。)等、期待していたのと違う返事が来るかもしれません。こういう場合は”what”や”which”の後に質問のカテゴリーを示す名詞を入れることができます。

   What nationality is he? 
   (彼は何の国籍ですか?)

   What sports does he play?
   (彼は何のスポーツをしますか?)

付加疑問文

付加疑問文とは確認したり、同意を求めたりする時に使う疑問文で、日本語の「~ですよね?」や「~しますよね?」に相当します。英語の場合は、肯定文と否定文で作り方が少し異なります。

肯定文の場合

肯定文の場合は「動詞の否定形 +主語の代名詞」を文末に加えることで付加疑問文を作ります。
例文で詳しく見てみましょう。

   肯定文: Naomi is Japanese.
        (ナオミは日本人です。)

まず、この文を否定疑問文にしてみましょう。

   否定文: Naomi is not Japanese.
        (ナオミは日本人ではありません。)
   否定疑問文: Is Naomi not Japanese?
          (ナオミは日本人ではないのですか?)

そして、主語である”Naomi”を代名詞に変えましょう。

   否定疑問文: Is she not Japanese?
          (彼女は日本人ではないのですか?)

元の文を付加疑問文にする時は、この否定疑問文の文頭にある”is she not”という動詞と代名詞を文末に加えます。つまり、こうなります:

   付加疑問文: Naomi is Japanese, is she not?
          (ナオミは日本人ですよね?)

また、”is not”を”isn’t”に略した場合だと、こうなります:

   肯定文: Naomi is Japanese.
        (ナオミは日本人です。)
   否定文: Naomi isn’t Japanese.
        (ナオミは日本人ではありません。)
   否定疑問文: Isn’t Naomi Japanese?
          (ナオミは日本人ではないのですか?)
   否定疑問文: Isn’t she Japanese?
          (彼女は日本人ではないのですか?)
   付加疑問文: Naomi is Japanese, isn’t she?
          (あなたは日本人ですよね?)

なお、主語は代名詞ではなく名詞の場合は、それを相当する

一般動詞を使った文も同じように「動詞の否定形 +主語の代名詞」を文末に加えることで付加疑問文を作ります。

   肯定文: Andrew jogs in the park.
        (アンドリューは公園でジョギングします。)
   否定文: Andrew does not jog in the park.
        (アンドリューは公園でジョギングしません。)
   否定疑問文: Does Andrew not jog in the park?
           (アンドリューは公園でジョギングしないのですか?)
   否定疑問文: Does he not jog in the park?
           (彼は公園でジョギングしないのですか?)
   付加疑問文: Andrew jogs in the park, does he not?
           (アンドリューは公園でジョギングしますよね?)

”does not”を”doesn’t”に略した場合だと、こうなります:

   肯定文: Andrew jogs in the park.
        (アンドリューは公園でジョギングします。)
   否定文: Andrew doesn’t jog in the park.
        (アンドリューは公園でジョギングしません。)
   否定疑問文: Doesn’t Andrew jog in the park?
           (アンドリューは公園でジョギングしないのですか?)
   否定疑問文: Doesn’t he jog in the park?
           (彼は公園でジョギングしないのですか?)
   付加疑問文: Andrew jogs in the park, doesn’t he?
           (アンドリューは公園でジョギングしますよね?)

他の例文も見てみましょう。

   肯定文: You’re a student.
        (あなたは学生です。)
   付加疑問文: You’re a student, aren’t you?
           (あなたは学生ですよね?)

   肯定文: Luke and Mark play soccer.
        (ルークとマークはサッカーをします。)
   付加疑問文: Luke and Mark play soccer, don’t they?
           (ルークとマークはサッカーをしますよね?)

否定文の場合

否定文の場合は「動詞の肯定型 +主語の代名詞」を文末に加えることで付加疑問文を作ります。

   否定文: Caroline isn’t Canadian.
        (キャロラインはカナダ人ではありません。)
   付加疑問文: Caroline isn’t Canadian, is she?
           (キャロラインはカナダ人ではありませんよね?)

   否定文: Tom and Kelly don’t live in Tokyo.
        (トムとケリーは東京に住んでいません。)
   付加疑問文: Tom and Kelly don’t live in Tokyo, do they?
           (トムとケリーは東京に住んでいませんよね?)

   否定文: She doesn’t like meat.
        (彼女は肉を好みません。)
   付加疑問文: She doesn’t like meat, does she?
           (彼女は肉を好みませんよね?)

英語文法解説の目次へ戻る

えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • TOEIC Part3練習問題
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • TOEIC単語アプリ