命令文(imperative)

命令文とは?

命令文は、聞き手に何かをするように命令する時に使う表現です。日本語では「~しろ」、「~して(ください)、「~しなさい」という表現が相当します。

命令文の作り方

通常は英語の文章に主語がなくてはなりませんが、唯一主語を使わないのは命令文です。主語がないので、動詞で始まります。動詞は現形で使います。

一般動詞の場合

まず、一般動詞を使った命令文を見てみましょう。

   Stop.
   (止まって。)

   Stop the car.
   (車を止めて。)

「命令」であるだけに結構そっけない言い方なので、もう少し丁寧に言いたい時は文頭に「please」(~ください)を付けることが出来ます。

   Please open the door.
   (ドアを開けてください。)

“please”は上記のように文頭に付けることが多いですが、文末に付けることも出来ます。なお、その場合は”please”の前にコンマが必要です。

   Sit here, please.
   (ここに座ってください。)

be動詞の場合

be動詞を使った命令文は、be動詞の原形である”be”で始まります。

   Be quiet.
   (静かにして。)

   Please be patient.
   (辛抱してください。)

否定の命令文

何かをしないように命令したい時は、動詞の前に”do not”あるいは”don’t”を付けて否定の命令文を使います。

   Don’t worry.
   (心配しないで。)

   Please do not go.
   (行かないでください。)

be動詞を使った否定の命令文も同じように”be”の前に”don’t”を付けます。

   Don’t be late.
   (遅れないで。)

   Please don’t be angry.
   (怒らないでください。)

英語文法解説の目次へ戻る

えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • TOEIC Part3練習問題
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • TOEIC単語アプリ