同級、比較級、最上級(comparisons and superlatives)

2つ以上の人や物を比べることはよくあります。ここでは、比べることにあたっての様々言い方を見ていきます。

形容詞で比較する

まず、形容詞を使って比較する方法を見てみましょう。

同級

ある要素において、1人(1つ)がもう1人(1つ)と同じ程度であると表現したい場合には、「as + 形容詞 + as」の形が使えます。

   John is as tall as Mike.
   (ジョンはマイクほど背が高いです。)

否定文にすると、その要素において前者は後者に及ばないと表現できます。

   Osaka isn’t as expensive as Tokyo.
   (大阪は東京ほど高くない。)

比較級

短くて、1つの音で発音する形容詞には”~er”を付けます。

   short → shorter (短い → より短い)
   tall → taller (背が高い → より背が高い)
   young → younger (若い → より若い)
   small → smaller (小さい → より小さい)

   Winter is colder than summer.
   (冬は夏より寒いです。)

なお、large(大きい)等の”e”で終わる形容詞には”r”だけを付けます。

   The Earth is larger than Mars.
   (地球は火星より大きいです。)

2つの音で発音して”y”で終わる形容詞も似たような作り方をします。こちらには最後の”y”を”i”に変えてから”er”を付けます。

   busy → busier (忙しい → より忙しい)
   happy → happier (幸せ → より幸せ)
   healthy → healthier (健康的 → より健康的)
   sleepy → sleepier (眠い → より眠い)

   She is busier than me.
   (彼女は私より忙しいです。)

3つ以上の音で発音する形容詞、あるいは2つの音で発音して”y”で終わらない形容詞は上記と違う作り方をします。これらには前に”more”を入れるだけで比較級を作ります。

   interesting → more interesting (面白い → より面白い)
   beautiful → more beautiful (綺麗な → より綺麗な)
   serious → more serious (真剣な → より真剣な)

   This book is more interesting than that book.
   (この本はあの本より面白いです。)

最上級

3つ以上のグループの中で一番と表現したい場合には最上級を使います。比較級と同じように、作り方は言葉によって異なります。

まず、短くて1つの音で発音する形容詞には”~est”を付けて、形容詞の前に”the”を入れます。

   young → the youngest (若い → 最も若い)

   Paul is the youngest boy in the class.
   (ポールはクラスの中で最も若い男の子です。)

2つの音で発音して”y”で終わる形容詞の場合、最後の”y”を”i”に変えてから”~est”を付けて、そして形容詞の前に”the”を入れます。

   tasty → the tastiest (おいしい → 最もおいしい)

   This cake is the tastiest.
   (このケーキは最もおいしいです。)

3つ以上の音で発音する形容詞、あるいは2つの音で発音して”y”で終わらない形容詞の場合は、前に”the most”を入れます。

   expensive → the most expensive (高価な → 最も高価な)

   This watch is the most expensive
   (この腕時計は最も高いです。)

例外

形容詞 比較級 最上級
good(良い) better the best
bad(悪い) worse the worst
few(少ない) fewer the fewest
much, many(たくさん) more the most
far(遠い) further the furthest

   Australia is further than Thailand.
   (オーストラリアはタイより遠いです。)

   He is the best player on the team.
   (彼はチームの最も良い選手です。)

副詞で比較する

副詞を使って、2人以上の人のやり方等を比較することもできます。

同級

「as +副詞 +as」で比較します。

   John runs as fast as a horse.
   (ジョンは馬とおなじぐらい早く走ります。)

比較級

“~ly”で終わる多くの副詞の場合は”more”を前に入れて比較級を作ります。

   Greg talks more quietly than Henry.
   (グレッグはヘンリーより静かに話します。)

最上級

“~ly”で終わる多くの副詞の場合は”the most”を前に入れて最上級を作ります。

   Christina works the most efficiently.
   (クリスティーナは最も効率よく働きます。)

英語文法解説の目次へ戻る

えいごLOVE おすすめコンテンツ☆
  • TOEIC Part5練習問題
  • TOEIC 英単語一覧
  • 英単語の使い分け
  • TOEIC Part3練習問題
  • カテゴリー別 英単語一覧
  • TOEIC単語アプリ